サイバーリンク、写真編集ソフトの最新版、レイヤー編集をサポート

2015.9.16 18:46配信
PhotoDirector 7

サイバーリンクは9月15日、新たにレイヤー編集に対応するとともに、複数の写真やテキストを組み合わせる機能や、簡単なフォトレタッチを可能にする「フェイスツール」などを備えた写真編集ソフトの最新版「PhotoDirector 7」のダウンロード版を発売した。パッケージ版は10月9日に発売する。

新機能として、写真内の境界線を認識して、背景と被写体を切り分けて取り出せ、切り出した被写体を他の写真や背景と組み合わせて新しい写真を制作できるレイヤー編集機能を搭載した。最大100枚のレイヤーが利用可能で、14種類の描画モードを用意する。

このほか、写真にボケ味を加えられる機能や、複数の写真をパノラマ合成する機能も追加した。さらに、ポートレートのための専用ツール「ビューティーメイク」は機能を向上した。対応OSはWindows 10/8.1/8/7/Vista。

ラインアップは、「PhotoDirector 7 Suite」「PhotoDirector 7 Ultra」「PhotoDirector 7 Standard」の3種類。

「PhotoDirector 7 Suite」は、カラーグレーディングソフト「ColorDirector 4」が付属する。税込価格は、ダウンロード通常版が1万5980円、ダウンロードアップグレード版が9980円。

「PhotoDirector 7 Ultra」は、Windowsだけでなく、Mac OS X 10.7にも対応する。ダウンロード版の税込価格は、通常版が9800円、アップグレード版が6800円。パッケージ版の税込価格は、通常版が9936円、乗り換え・アップグレード版が7020円、アカデミック版が5940円。

「PhotoDirector 7 Standard」の税込価格は、ダウンロード版が4800円、パッケージ版が4860円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング