唯一の問題が物語る現実…

このように、やり方としてはシンプルそのものですが、一つだけ問題がありました。

なれないうちは、正確にやろうとすると……、だるいです!

これについて照山先生は、だるいということは口の周りの筋肉が衰えているからだと指摘しています。つまりは、一種の加齢現象ということでしょうか……。

顔筋トレーニングとして、ほうれい線が薄くなる効果も大いに期待しながら、頑張ってみましょう。

からだ全体の健康を守るためにも

専門的な話は本書を読んでいただくのが確実ですが、この「毒出しうがい」、見た目にもキレイな歯をキープできる上に、体調管理の一環にもなります。

口内環境を整えることは、虫歯、歯周病、口臭といったお口トラブルの原因を断つのはもちろん、からだ全体の健康状態にもかかわりの深い行為。

口内にばい菌をためないこと、体内にばい菌をめぐらせないようにすることで、他の病気を引き起こすリスクが減らせると判明しているそうです。

うがいの威力って、そんなにすごかったんですね。

自分に有害なものを口から追い出す、というイメージをしっかり持って、うがいの力を高めてみませんか。

女性の生きにくさをちょっぴり軽くするコラムニスト。医療従事者向けの情報サイトでメディカルコミュニケーターを勤めたのち、『OKGuide』にて読者のあらゆる疑問・お悩みを解消に導くガイド記事を提供している。今や絶滅寸前の女子短大卒。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます