【アイスクリーム博覧会】ブラックモンブランも炙って登場!? 人気“ご当地アイス”「あいぱく in 鹿児島」レポ

2015.10.9 17:00

鹿児島で開催された「アイスクリーム博覧会」、通称「あいぱく」に鹿児島市の人口の役1割が集結!? 日本アイスマニア協会理事のアイスマン福留さんが厳選した全国のご当地アイス100種類以上の中から、人気の高かったご当地アイスクリームを紹介します。

ゴールデンウィークにラフォーレ原宿で開催された「アイスクリーム博覧会」、通称「あいぱく」。100種類以上のご当地アイスが一同に介したこのイベント、5日間で1万5000人の来場者を集め大人気となりました。

そのあいぱくが帰ってきました! 第2回目の開催地は、なんと鹿児島です。あいぱく2回目にして、初の西日本開催。今回も100種類以上のご当地アイスを集め、9月15〜20日までJR鹿児島中央駅に隣接するアミュプラザ鹿児島で開催されました。

そこで、その模様をレポートいたします。鹿児島の方々のアイス熱、すごかったんですよ!!

駅直結の好ロケーションで10万人が来場

今回は、JR九州の駅ビル「アミュプラザ鹿児島」の11周年。およびプレミアム館1周年の周年祭「AMU PREMIUM Anniversary」として開催。日本アイスマニア協会理事のアイスマン福留さんが厳選した全国のご当地アイスが100種類以上集結しました。

ロケーションが最高。会場となったアミュ広場は、JR鹿児島中央駅のすぐ隣。しかも屋根付きのオープンスペースということで、誰もが気軽に立ち寄れるようになっています。

しかも、会場からは桜島が見えるんです! 鹿児島にお住まいの方にとっては当たり前の光景かもしれませんが、初めて鹿児島を訪れた僕は、この風景に大感激してしまいました。

6日間合計の来場者数は約10万人、アイスの売り上げ個数は約10万個となりました。鹿児島市の人口はおよそ60万人ですので、約1割の方々が訪れたという計算になります。これはすごい!

入場無料のイベントということもあり、老若男女あらゆる人が訪れ、お目当てのアイスクリームを購入して食べておりました。

平日限定のイベントとして、エントランスにあるオブジェで撮影した写真をInstagramにアップすると、森永乳業のアイス「ピノ」がつかみどりできるというイベントを開催。これも大人気でございました。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント