4月は産後、職場復帰する女性が多い時期。

「以前のように仕事できるかしら?」「歓迎してくれるかな?」「マタハラが怖い」などの不安を抱え、仕事と育児の両立について悩む方もいるでしょう。

そこで今回は、主に女性の活躍推進をサポートする人事コンサルタントの藤島淑子さんに、職場復帰のリアルな不安の対処法とともに、仕事と育児の両立術をお聞きしました!

職場復帰直後の不安への対処法

株式会社インディプロスが実施した、2014年~2017年に産休・育休から職場に復帰した女性152名に対するアンケート調査の結果のうち、「復帰前に1番強かった気持ちは何ですか?」のトップは「不安」で45%、次いで「楽しみ」で24%となりました。

楽しみの気持ちがありつつも、やはり不安は大きいようですね。

とはいえ、「復帰した今、その気持ちに変化はありましたか?」の問いに対しては、約半数が「復帰前に思っていたよりも楽しい」と回答しています。

このことから「あまりあれこれ考えすぎない、というもポイントです」と藤島さん。その上で、職場復帰後のよくある不安に対する対処法を教えていただきました。

1.「子どものケアが十分できるか、さみしい思いをさせないか」という不安

藤島淑子さん(以下、藤島)「復帰後の生活を『復帰前に思っていたより楽しい』と回答した人の多くは、その要因として『一人時間を持てるから』と回答しています。

職場にいることで、一人になる時間があるから心のバランスが保て、子どもにも優しくなれるというわけです。

そう考えれば『子どものケアが十分できるか、さみしい思いをさせないか』という、外で仕事をすることの罪悪感も緩和されると思います」

2.「うまく仕事と育児の時間の振り分けができるか」という不安

藤島「先のアンケート結果で約7割の方が『時間的制約への会社の配慮は十分』と回答していますので、過度の不安は不要です。

それを踏まえた上で大事なのは、“職場への自己開示”です。自分の時間の使い方や育児で忙しい時間帯などを、あえて職場に伝えておくことで、無理な時間に仕事を振られず、自分のペースを維持できるでしょう」

3.「しっかり仕事で成果を出せるか/キャリアを組み立て直せるか」という不安

藤島「『早く成果を出さないと』という焦りは禁物です。子どもや自分のペースが確立しない中で、最初から高い目標を掲げて全力疾走しては息が切れてしまいます。

半年くらいかけて上司と十分対話をしながら、徐々に自分らしい貢献の仕方を見つけていくほうが、生産的。長期的な成果につながります」

仕事と育児の両立についてのよくある悩み4つと解決策

職場復帰後の、仕事と育児の両立についてよくあるママの悩みと共に、それぞれの解決策を藤島さんにお聞きしました。

1.働ける時間が限られていて不完全燃焼!

藤島「子どもがいると、一日の仕事が終わる時間は確実に決まっています。

今日は少し長めに、など臨機応変に長く働くことができないので、場合によっては不完全燃焼感があり、もどかしさや後ろめたさを感じることがあります」

●解決策

藤島「時間の制限は避けられないため、逆にこれを成長のチャンスを捉えましょう。

今までのやり方では時間が足りないなら、もっと効率的なやり方はないか、誰かを巻き込めないか、不要な作業は切り捨てられないか、など。

結果として効率を上げられれば、周囲からの評価も高まり、より充実した仕事の機会も得られます」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます