Eテレ、妖怪体操、AKB48…振付師『ラッキィ池田』の仕事が子どもを惹きつける理由

教育番組やアニメ、特撮作品で"振り付け師"として数多くのダンスや体操を手掛けているラッキィ池田さん。子ども、そして大人の心をも掴んで離さない、その振り付けの魅力に改めて注目してみました。

NHK、Eテレの幼児向けバラエティーや知育番組、そして、アニメに特撮ヒーロードラマといった子どもたちに人気のテレビ番組。その中で繰り広げられるダンスや体操に、ある有名振付師が、その辣腕を振るわれていることを皆さんはご存知でしょうか?

その有名振付師とは、タレントとしてもご活躍をされているラッキィ池田さんです。

90年代に、象さんのジョウロを頭に括り付けたエキセントリックなビジュアルでテレビに出演し、一躍お茶の間の人気者となったラッキィさんですが、キッズ番組やアイドルのダンスを中心に数多くの振付けを行う超一流の振付師として、様々なポップカルチャーで素晴らしい仕事を残されています。

子どもたちを魅了して離さないラッキィ池田さんの振付け。その魅力を探っていきたいと思います。

あのアニメの曲も、あの幼児番組の体操も、実はラッキィ池田さんによる振付けです

ラッキィ池田さんによる振付けによって大ヒットとなった楽曲といえば、先ずは何はなとくもこの曲をご紹介しなければなりません。テレビアニメ『妖怪ウォッチ』主題歌の『ようかい体操第一』です!

ゲームやアニメの人気に加えて、ポップで中毒性のある歌詞とメロディがキッズのハートをガッチリと掴み、あっという間に大ブームに。お子様をお持ちのご家庭なら、確実に一度は耳にしたことがある楽曲かと思います。

ラッキィさんの振付けによる個性的な動きを伴った体操は、子どもたちの間で大流行。一般の歌謡番組やバラエティー番組にも人気が飛び火し、様々なタレントさんが、この体操を番組内で行いました。

このように、子どもに受ける振付けを考案させたら抜群のセンスを発揮されるラッキィさん。現在、放送中のスーパー戦隊ヒーロー『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のエンディング曲『なんじゃモンじゃ! ニンジャ祭り!』のダンスもラッキィ池田さんによるお仕事です。

『ニンニンジャー』のエンディングでは、出演者が揃ってダンスを踊るという演出が用いられており、これまた、子どもたちがすぐにでも踊り出しそうな楽しい一曲に!

『ニンニンジャー』の製作を行っている東映も、その辺りを考慮してかYouTubeに振付指導の動画や、番組内でヒーローを演じる出演者による「おどってみた」動画を数多くアップロードするなど、キャッチーなプロモーションコンテンツとして、ラッキィさんによるダンスを扱っています。いずれもとっても目に楽しい動画になっていますので、お子様がグズった時などに、是非とも一緒にご覧になっていただくことをオススメしますよ!

また、ラッキィさんはアニメや特撮番組だけではなく、NHK、Eテレの知育番組や幼児向け番組などでもお仕事をされています。

代表的な番組が『いないいないばあっ!』です。ラッキィさんは、この番組の中でも数多くの体操やダンスの振付けを担当。また、『にほんごであそぼ』でも振付けを手掛けられており、更に、これらの番組では作詞家としても活躍中です。

実は、『ようかい体操第一』の歌詞もラッキィ池田さんによる作詞。音楽にまつわるクリエイターとして、その才能をマルチに発揮されているのです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント