好きな男性ができた。彼に振り向いてもらうために、あれこれ駆け引きをした。あなたもそんな経験があるのではないでしょうか。

実は、恋の駆け引きをするのは女性だけではありません。男性も駆け引きをします。しかも本気の恋ほど男性は慎重になりますから、女性にはわかりにくいことがほとんど。

では、本気の恋のときに男性は、どのような駆け引きをするのでしょうか。複数の男性に取材してみました。

男性たちが密かに実践する恋の駆け引き

1.慎重にLINEのアカウント交換を申し出る

いまどき、SNSのやり取りなんて当たり前じゃない!そう思われた人も多いのではないでしょうか。でも、多くの男性は、あなたにアプローチするときに、LINEのアカウント交換をするのはためらうようですよ。

「Facebookだと仕事上の名刺交換みたいなノリで友達申請できるし、メッセージのやり取りをするのも言い訳ができるじゃないですか。だけど、LINEの場合って、完全プライベートですからね。直球でアカウント交換してとも言いにくいし、そんなに親しくないうちにアカウント交換して、会話がすべったらブロックされるんじゃないかとか考えますよね(25歳 マーケティング)」

「好きな女性にアプローチするなら、SNSは常識だと思うんですけど、タイミングを見計らないと地雷ふみそうで怖いですよね。リアルに毎日会えるなら、まずはできるだけ普通の会話を重ねてガードを下げさせることを考えますね(27歳 販売関係)」

取材した中では、20代後半以上の世代は、特にこの傾向が強いようです。他にもSNSのアカウントを持っているのに、男性がLINEのアカウントを聞いてくるようなら、あなたにアプローチしていると考えてもいいかもしれませんね。

2.お目当ての女性をイベントに誘う時は、友人も一緒に誘う

これも自然に見えて、駆け引きに見えない行為ですよね。実はこういった心理に基づいて男性は行動しているんです。

「よほど気心が知れた状態になっても、食事とかライブみたいなイベントは、二人きりで出かけるのを誘うのは避けますね。かならず狙ってる子の友達も一緒に誘って、警戒心をとくのに時間をかけます(30歳 商社勤務)」

「狙う子によりけりですけど、ガードを下げてもらうために、狙ってる女性の友達も一緒に誘うことはよくありますね。そのうえで、LINEのアカウントを聞き出したりして、ゆっくりアプローチしますね(28歳 営業職)」

ある程度恋愛経験がある男性は、狙った女性にゆっくり近づくことを意識する傾向が強いですね。

逆に、いきなり直球でアプローチしてくる男性は、恋愛経験が浅いか、遊びのつもりのでアプローチしてきている可能性が高いかもしれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます