【特集】「第28回 東京国際映画祭」の舞台裏

「東京国際映画祭コンペ作品」“満足度ランキング”犬の演技で魅せる『家族の映画』が高評価【第5回】

2015.10.30 7:43

東京国際映画祭もいよいよ終盤戦に突入し残すところわずか3日! 10月28日(水)にコンペティション部門出品作は全作品、少なくとも1度は上映されたことになる。気になる見終えた観客の評価・感想は?

東京国際映画祭もいよいよ終盤戦に突入し残すところわずか3日!
10月28日(水)に『ガールズ・ハウス』、『モンスター・ウィズ・サウザンヘッズ』、『カランダールの雪』、『家族の映画』が上映され、これでコンペティション部門出品作は全作品、少なくとも1度は上映されたことになる。気になる見終えた観客の評価・感想は?

4位:『カランダールの雪』

©Karafilm

満足度:77.4

<項目別5段階評価>
俳優:3.7
ストーリー:3.3
音楽:3.4
演出:3.7

電気も水道もない山の上でわずかな家畜と共に生きる一家。父は、一攫千金を夢見て、鉱脈を当てようとするのだが、やがて、それも投げ捨て、村で行われる闘牛に希望を託し、家畜の訓練を始めてしまう…。ドキュメンタリー作品出身のムスタファ・カラ監督が荒涼たる大自然を相手に生きる一家をテーマに撮り上げた長編デビュー作。

139分の大作だが、壮大で厳しさをはらんだ自然の描写に対する称賛が寄せられ、その中で紡がれる家族たちのドラマにも大きな反響が。

「自然の風景、動物などがディティールまでしっかりとよく描かれていて、最後までずっと見ていました。自然が相手であり、どうなるのか? と緊張感がありドキドキしました」(40歳・女性)。

「最初は何が起きているのかわからず、把握するまで集中力が必要でしたが、追って、追いかけられました!」(40代・女性)

「山の風景、霧などの描写、音響も良かった。子どもたちを演じた俳優たちも素晴らしかった」(35歳・女性)

「雪の景色が素晴らしかった」(35歳・男性)

「大自然を生きる家族の姿に感動しました」(25歳・女性)

人気記事ランキング