根強い「桐」ファンに支えられ、30周年カウントダウンでWindows 10対応

2015.10.29 20:10配信
「桐」の発売から2016年で30周年。2017年は会社創業50周年を迎える管理工学研究所の立壁克之社長

管理工学研究所の日本語データベースシステム「桐」は、1986年に販売を開始してから2016年で30周年を迎える。同社は、日本のコンピュータ産業黎明期の1967年、ソフトウェア専門メーカーとして誕生した。今でいうベンチャーの草分けだ。2017年に創業50周年を迎える同社の立壁克之社長は、「『桐』は根強いファンに支えられて、再び息を吹き返している」と、根強いユーザーに支えられていると語る。

●長い「冬眠期間」もファンが支えた30年

「桐」は官公庁や大手企業、中小企業、個人まで幅広い層に根強いユーザーがいる。現在まで累計200万以上のユーザーに使われている。発売当初から、複雑なプログラミングをしなくても、画面を見ながら手操作で必要なデータを抽出できる使い勝手の良さが評価されていた。

だが、1995年のいわゆる「Windows 95」の登場で、マイクロソフト社製のOSが普及するにつれ、販売本数は減っていった。会社の経営も、新規事業である携帯電話のソフト開発や医療機関向けの電子カルテ(XDS地域医療連携システム)、教育機関の時間割作成支援など、法人向け事業を強化していった。

ソフト業界の激しい変化の波を乗り越えてきたのも、「人と同じことはしたくない」という約100人の技術者集団を抱える同社ならではの特徴だろう。

最近では、スマートフォンにAndroidOSを搭載する際にチューニングする受託事業が好調という。この間の「桐」について、立壁社長は「冬眠の期間だった」と表現する。立壁社長自身、1988年に管理工学研究所に入社して最初に手掛けた仕事が「桐」のソフト開発だったから愛着がある。

「桐」のバージョンアップやバグ修正、Windowsへの対応などはしっかりとサポートしてきた。そうこうしている間に来年で30周年。「桐」を購入したユーザーが、その後もずっと使い続けて支えていたのだ。

●「30周年カウントダウン」の第2弾でWindows 10対応

今年は「30周年カウントダウン」と称する第1弾を3月16日に実施した。「桐10」ユーザーを対象に、サービスパック「桐10 sp1」のダウンロード公開をした。地名や人名を確実に入力・表示・印刷するためのフォント関連機能などを強化した。

8月3日には、第2弾のソフトを公開。Windows 10の対応とマイナンバー制度の施行に伴うセキュリティ機能を強化した。10月2日には「桐10 sp2」として販売を開始している。

Windows 10対応では、インストールはもちろん、Windows 7やWindows 8.1を使っているPCに「桐10 sp2」をインストールした後、Windows 10へアップグレードしても、そのまま使えるようにしている。

セキュリティ機能では、「使う場所」や「使う人」をガードするデータ暗号化機能「セキュア桐」をリニューアルした。

検出された障害の修正やデータベースエンジンのチューニング、文字出力を担う「フォント管理エンジン」のアルゴリズム改善など基本性能を向上させながら進化している。

「来年は桐の30周年と、会社設立50周年の1年前のカウントダウンが重なる年。新しいサービスを発表していくので期待してほしい」と、立壁社長は意欲を燃やす。

(BCNランキング 細田立圭志)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング