あん餅、カレー、きなこ味まで! 全国絶品“お雑煮”食べ尽くしレポ

2015.11.8 12:00

寒くなってきたので、汁ものが恋しい。普通はここで“鍋”かもしれないが、あえての“雑煮”を提案したい。ということで、全国各地の“雑煮”を食べ尽くす「ご当地雑煮祭り」に潜入してきました!

寒くなってきたので、汁ものが恋しい。

普通はここで“鍋”かもしれないが、あえての“雑煮”を提案したい。
雑煮は、汁ものの中に地方ごとに特色のある食材とお餅が入っている究極のローカルフード。

餅は丸か角か、焼くのか煮るのか、具は肉なのか魚なのか、どんな野菜を入れるのか、何の出汁を使うのか……などなど。地方によって、これほどバリエーション豊かな食べものも珍しい。

ご当地雑煮祭り 2015秋

6種類のお雑煮と10種類の地酒で至福の乾杯を!

基本はお正月に食べるハレの日の料理だが、そんなこと関係ないとばかりに、東京カルチャーカルチャーで、夏に続き第2回目となる「ご当地雑煮祭り 2015秋」が開催された。

イベニア取材班は「雑煮がどれだけスゴイ食べ物なのか」ということを、実感することになる……。

「夏にお雑煮のイベントを開催して、かなり反響がありました。みんな正月に関係なくお雑煮が好きなんだな〜と思いまして、2回目の開催にいたりました」と東京カルチャーカルチャー・プロデューサーのテリー植田さん。

今回は、閃き作家の高柳優さんのご当地クイズ・パズルもあるという。様々な方向から雑煮を楽しめるイベントになりそうだ。

入場時に、参加者の出身地とふるさとのお雑煮のお餅のアンケートをとり、マップ化していた。「丸餅か、角餅か」、「焼餅か、煮た餅か」、それぞれ4タイプに分け、シールで色分けする。東京近郊などの東側は焼いた四角いお餅、西側は丸い煮たお餅と分かれる結果に。一目でお雑煮餅の分布が分かるのが面白い。

世界でひとり!? お雑煮マイスターセレクトのお雑煮たち

本日のお雑煮は、お雑煮マイスターである粕谷浩子さんのセレクト。粕谷さんの立ち上げたお雑煮研究所でパッケージ化された(または今後される予定の)お雑煮だ。

粕谷さんは、日本、いや世界ただ一人のお雑煮研究家。親の転勤が多く、鳥取、北海道、新潟、静岡、広島など地方へ引っ越していた。そのたびに、さまざまなご当地のお雑煮に出会い、お雑煮のおもしろさに目覚めたそう。今でも全国各地をまわって、さまざまな地域のお雑煮を研究している。

ちなみに粕谷さんの母方のご実家は香川県で、あんが入った餅入りの白みそ雑煮。父方のご実家は広島県、牡蠣のはいった豪華なお雑煮をよく食べていたのだとか。

本日登場のお雑煮6種類を南から順に食べてみた。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング