5月の真夏のような暑さを忘れてしまうくらい、最近は梅雨らしい日が続いていますね。梅雨といえば、ヘアスタイルを一日中綺麗な状態のままキープするのが大変な時期。

せっかく今日のヘアスタイルはキマってる!と思った日があっても、雨が降ったりすることで、湿気でみるみるうちに崩れてしまったりすると、その日一日のモチベーションまで下がってしまうもの。

これはもう諦めるしかない?と思うあなたに、多くのドラマやCMで活躍する美容師の木村旭宏さんに、梅雨に特化した、ヘアスタイルを崩れにくくする方法を教えていただきました。

崩れにくくするためには、5つの強度をアップさせよう

木村さん曰く、梅雨時期のヘアスタイルを崩れにくくするためには『シャンプー&トリートメント、髪の土台、結び方、前髪、外出時の対策』この5つの強度をあげることで、ぐっと崩れにくくなるのだそうです。

強度アップのシャンプー&トリートメント

ヘアスタイルが崩れやすくなったり、そもそも梅雨時期にヘアスタイルの悩み、特に髪の毛が広がってしまう原因。ひとつは、水分バランスが崩れているからなんです。

この水分バランスを保つことが、強度アップに繋がります。そこでおすすめするシャンプー&ヘアマスクが『アメニモ H2O バランスシャンプー&H2Oバランスケア ヘアマスク』。

湿気を徹底ガードして、毛髪内部の水分バランスを整えることで、髪の毛の広がりを抑えてくれるという仕組みのシャンプー&ヘアマスクなのですが、クセやうねりも解消してくれることもあり、ぜひ使って強度アップして欲しいですね。

それから、トリートメント単品なら『LINNA ヘアトリートメント』。アウトバスタイプなので、洗髪後にドライヤーで乾かす前に、枝毛や髪のパサつきが気になる毛先に重点的につけて乾かすだけ。

ヒアルロン酸やシアバター、アルガンオイルなど髪の水分アップに効果的な成分がたっぷり含まれているため、髪の水分アップに一役かってくれます(木村さん)

強度アップの土台づくり

雨の日は、髪が広がってしまうことから、ヘアアレンジもよりくずれがちになってしまいます。

そこで、ヘアアレンジする前に水で髪を湿らせるだけではなく、広がりを抑えたりカールが持続しやすいヘアアレンジウォーターを使うと、短時間で長い時間キレイな状態に仕上げることができます。

おすすめは『コタスタイリング ベース B1』。これはミストタイプのトリートメントで、ドライヤーで乾かす時に使用します。浸透したトリートメント成分が髪内部に潤いを閉じ込め、毛先に柔らかさとまとまりを与えてくれます。

これを使った後に『 N ナチュナルバーム』を使うとよいですよ。自然なセット力と程よい保湿力で、髪の毛に動きがつけやすいスタイリング剤です。

手にとって、手のひらを合わせて温めながら広げていき、髪の毛内側から全体に軽くつけてください。そうすることで、髪がまとまりやすく動きが出しやすい土台ができます(木村さん)

強度アップには一つ結びより二つ結び

髪の毛を一度に全部あげたアップスタイルは、髪の重さでまとまらず、くずれやすくなります。

そのため、髪の毛を2つに分けてゴムで結んであげると、土台がしっかりしつつ、毛束は分散されることによって毛先の処理が楽になります(木村さん)

「ハピママ*」更新情報が受け取れます