エプコット「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」

2019年7月23日、東京ディズニーシーに新しいアトラクション「ソアリン:ファンタスティック・フライト」がオープンします。

実は「ソアリン」の名前がついたアトラクションは、すでに海外のディズニーパークにあり、多くのゲストでにぎわっているのです。

今回は、海外のディズニーパークを全制覇したマニアが、「ソアリン」が一体どんなアトラクションなのか、その魅力も含めてご紹介します。

「ソアリン」ってどんなアトラクションなの?

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク

ソアリンは、空の旅を体験することができる、フライトシミュレーター型のアトラクションです。

ゲストが乗ったライドは、高さ約25mのスクリーンに向かって上昇していきます。

スクリーンには、世界各国の映像が映し出され、風や匂いまで感じることができるのです。

足が固定されていないので、ブランコに乗ったまま、空を飛んでいるような感じになりますね。

ソアリンは、以下のディズニーパークにあります。

  • ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク
  • エプコット(ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート)
  • 上海ディズニーランド

それでは、海外のディズニーパークにあるソアリンについて、見ていきましょう。

遊覧飛行に出発!「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」

エプコット「ソアリン・アラウンド・ザ・ワールド」

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークとエプコットにあるソアリンは、同じ名前がついています。

どちらも遊覧飛行がテーマになっていて、ゲストは世界各地をハンググライダーに乗って旅する…というもの。

マッターホルンから始まる旅は、グリーンランドやシドニー・ハーバー、キリマンジャロ、万里の長城、タージ・マハル、イグアスの滝などをめぐっていきます。

体験時間は約5分間ですが、その名の通り、世界一周旅行を味わうことができるのです。

ソアリンは現地のゲストにも大人気で、多くのゲストが長蛇の列をつくっています。

エプコットでは混雑を緩和するために、シアターの数を2つから3つに増設したほどです。

ちなみに、ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パークでは、期間限定のプログラム「ソアリン・オーバー・カリフォルニア」が行われています。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー・パーク「ソアリン・オーバー・カリフォルニア」

これは、リニューアル前の映像を上映するというもので、2019年8月末まで体験することができます。

伝説のコンドルに導かれて…「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」

上海ディズニーランド「ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン」

上海ディズニーランドにあるソアリンは、アメリカのパークにあるものとは、かなり異なります。

アルボリ族という古代民族の天体観測所を訪れる、私たちゲスト。

そこで、コンドルに変身できるシャーマンに出会い、空の旅へと出発する、というストーリーになっています。

アラウンド・ザ・ワールド版と比べると、ファンタジー色が強くなっていますね。

また、オーバー・ザ・ホライズン版では、アラウンド・ザ・ワールド版とは異なり、出発前のスクリーンに満天の星空が映し出されています。

天体観測所を感じさせてくれる演出は、なんとも心憎いですね。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます