今年も暑い日本の夏! 東京ディズニーリゾートでも、七夕・夏ディズニー・ハロウィーンとアツい季節が続きます。 夏と東京ディズニーリゾートが大好きなライターが、培ってきたノウハウを共有。本当に必要な暑さ対策と夏ディズニーの防水対策をご紹介します。

雅涼群舞 @Disney

今年も暑い日本の夏! 東京ディズニーリゾートでも、七夕・夏ディズニー・ハロウィーンとアツい季節が続きます。

夏と東京ディズニーリゾートが大好きなライターが、培ってきたノウハウを共有。

本当に必要な暑さ対策と夏ディズニーの防水対策をご紹介します。

 

1. さくせん「いのちをだいじに」

夏の東京ディズニーリゾートはサバイバル。

高揚した気持ちのままガンガンいくと、ほころびが生じます。

性別・ファッション問わず、以下のアイテムは必ず装備しましょう。

  • 飲み物
  • 帽子

 

身軽さも重要。水筒は持参しない手段も

重たい水筒、凍らせたペットボトル、家に置いていって大丈夫です。

飲み物は現地で買えます。身軽さも重要です。

もし、頻繁に水分補給ができない理由が金銭的な理由であれば、レストランや園内の水道で、無料でお水や氷水を入手しましょう。

 

「喉が渇いたら」でなく「時間ができたら」水分補給

テーマパークや長距離移動の際に「トイレはしたい時に行くんじゃない、いける時に行くんだよ!! 」と子どもに口を酸っぱくしていうのですが、夏場は水分補給も同じ。

とにかく、水分補給、喉が渇く乾かないではなく、時間ができたら水分補給!

アルコールを飲むときも、水分になる飲み物も一緒に摂取しないと倒れます。

 

カチューシャやファンキャップはエンターテイメント中は装着不可

帽子も必ずかぶりましょう。

カチューシャ? ファンキャップ? 死に急ぐな!!

パレードやショー中は、後ろの方のご迷惑になるので、耳のついたカチューシャや飾りのついた帽子ははずさなければいけません。

30分ほど、頭が野ざらしになります。

必ずフラットな帽子を用意するようにしましょう。

 

ベテランが常備している熱対策グッズあれこれ

マストアイテムの「飲み物」「帽子」以外に、常に所持している熱対策グッズは以下の通りです。

  • クールタオル(凍らせるタイプではなく、水で冷感を保てるもの)
  • 日傘(シルバーコーティング最強! )
  • 日焼け止め(湯水のごとく頻繁に!地面からの照り返しでも焼けます )
  • アームカバー(日焼け止めではなく、地肌に刺さる熱から身体を守るため)

キッズ・ベビー連れのかたはコチラも。

  • フェイスタオル(日除け兼お昼寝用)
  • 着替え(ベビーセンターにお着替えエリア有)
  • ベビーカー用の日除け

羅列したアイテムは、健康に過ごすために必要なアイテムなので、その他にあれば便利なものはたくさんあります。

かわいいクールミストファンや小型扇風機、うちわ、扇子のたぐいはあれば便利ですが、忘れてもなんとかなります。

凍らせた保冷剤は、あまりの暑さで瞬時にジェルに戻るので活躍の場は少ないでしょう。

所持品の重量、後半の疲労を考えて、持ち物をそろえましょう。

「きっと倒れるだろう、ただし、水分補給と熱対策をすれば、倒れないこともあるかもしれない。」

きっと大丈夫ではなく、基本的に倒れると認識することが重要です。

 

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント