「キャンパス2デーパスポート」なら、2パークを自由に楽しみ放題!「キャンパス2デーパスポート」なら、2パークを自由に楽しみ放題! 撮影 / MezzoMiki ©Disney

東京ディズニーリゾートでは、今年も「春キャン」のシーズンやってきました。

「春キャン」というと、学生向けに割引されたワンデーパスポートを想像する方が多いかもしれません。

だけど、「春キャン」のラインナップはそれだけではないのをご存知ですか?

実は東京ディズニーランドと東京ディズニーシー、どちらも自由に行き来できる「キャンパス2デーパスポート」という特別なパスポートがあるんです。

「1日じゃ遊び足りないよ! 」「2パークどっちも行きたい! 」というディズニー好きの学生さんの願いを叶えてくれる「キャンパス2デーパスポート」。

今回は、その魅力と活用法をたっぷりご紹介します。

「キャンパス2デーパスポート」とは?

東京ディズニーシー東京ディズニーシー ©Disney

1日目から2パークが行き来できる、学生限定のチケット

「キャンパス2デーパスポート」とは、「春キャン」の期間中、連続した2日間に「東京ディズニーランド」と「東京ディズニーシー」を自由に行き来して楽しめるチケットのことです。

普通の「キャンパスデーパスポート」は、どちらかひとつのパークを選択する必要がある1日券ですが、「キャンパス2デーパスポート」なら2日間2つのパークを遊び放題。

入園保証もついており、入場制限時も入園が可能です。

混雑を気にせず、2パーク両方を自由に楽しみ尽くせる中学生以上の学生さん向けチケットになっています。

 

TDLではアナ雪、TDSではダッフィーのイベント中。アトラクションの特別版も

東京ディズニーランドでは「アナとエルサのフローズンファンタジー」が開催中。撮影 / YOSHI東京ディズニーランドでは「アナとエルサのフローズンファンタジー」が開催中。撮影 / YOSHI ©Disney

2016年の「春キャン」期間中は、東京ディズニーランドでは「アナとエルサのフローズンファンタジー」が、東京ディズニーシーでは「スウィート・ダッフィー」が開催中。

2つのパークで全く違った雰囲気を楽しむことができます。

さらに、アトラクションも東京ディズニーランドでは「スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー」が、東京ディズニーシーでは「タワー・オブ・テラー」が特別版になっています。

パークでの1日はとにかく忙しく過ぎていくものですが、2日間とも2パークを行き来できる「キャンパス2デーパスポート」を使えば、スケジュールの組み方次第でショーやパレードを普段よりたくさん見ることも、好きなアトラクションに集中して乗ることも可能になります。

 

2016年は、首都圏の学生さんも注目!

「キャンパス2デーパスポート」2日間連続で利用するチケットなので、公式サイトでは宿泊者向けのパスポートとしてプロモーションされています。

が、2016年の今年なら、日帰りで来園する首都圏の学生さんも注目です。

昨年までは指定されたホテルの宿泊者でないと購入できなかった「キャンパス2デーパスポート」ですが、2016年は宿泊ホテルの指定がなくなり、リーズナブルなホテルの宿泊者や日帰り利用の学生さんでも購入できるようになりました。

家からパークまで日帰りで通える距離に住んでいる学生さんや、高級ホテルに泊まる必要のない近場の学生さんでも、今年なら2パーク両方でたっぷり遊べる大チャンスです。

 

キャンパス2デーパスポート
●利用期間:2016年1月6日(水)~3月17日(木)
●価格:
・大学生・大学院生・短大生・専門学生(18歳以上)…12,400円
・高校生・中学生(12歳~17歳)…10,800円
●チケット購入場所:
・ ディズニーアンバサダーホテル ゲストサービスカウンター
・東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ パークチケットカウンター
・ 東京ディズニーランドホテル レセプション
・東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター ホテルサービスカウンター
・東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル 各ホテル窓口
・東京ディズニーリゾート・パートナーホテル 各ホテル窓口
※前売り券は各地域の旅行会社でも購入可能

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます