失恋、婚活疲れ、片思い…“恋愛でヘコんだ心”に響く3つの「金言」

2016.2.10 10:30

20代、30代と年齢を重ねると、10代の頃と違い、恋愛や異性の悩みを友人に打ち明けにくくなるような気がします。そこで今回は、筆者の経験から、恋愛や婚活に悩んだときに心に響く“金言”をご紹介します。誰かのことばがきっかけで、前にすすめることもありますよ!

main

恋愛に悩んだとき、結婚できるのか不安になったとき、ひとりで悩んでしまっていませんか?

本当は友人に相談して「頑張れ!」「大丈夫だよ」と励ましてもらうのがいちばん! でも、20代、30代と年齢を重ねると、10代の頃と違い、恋愛や異性の悩みを友人に打ち明けにくくなるような気がします。

そこで今回は、筆者の経験から、恋愛や婚活に悩んだときに心に響く“金言”をご紹介します。誰かのことばがきっかけで、前にすすめることもありますよ!

「恋愛で勉強なんてしなくていい」

失恋したとき、恋人と喧嘩したときなど、傷ついているのは自分なのに、自分の行いを悔いてしまうこと、ありませんか? そして、自虐的になり「良い勉強になった」と言った経験は?

確かに、経験から学ぶのはとっても大切。特に、恋愛からは、本当にいろいろなことを学べますね。筆者が恋愛から学んだことのひとつは、“感情”。「誰かを大切に思わなければ、知ることができなかった感情」が湧いてくるという経験は、人を好きになるという経験から勉強したもののひとつです。

でも、本来は傷つくような勉強なんてしなくていいんです。誰だって、傷つかなくちゃいけない、そんな勉強したくないですよね。筆者は「傷つかなくちゃいけない、そんな勉強したくない!」と思います。

傷ついているのに「勉強した」なんて言わなくていいんです。そんなことばで自分を責めるのではなく、次は幸せな経験をして、幸せから学びましょう!

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント