【スキンケア】花粉・紫外線から肌を守る! 春の“モテ肌”を作るテクニック

春は出会いの季節! しかし、春先は一年のうちもっとも肌が不安定になりやすいとされ、肌がボロボロで気持ちまで沈んでいませんか。花粉や紫外線から肌を守り、モテ肌をつくるテクニックをご紹介します。

日差しが暖かくなってくる春先、浮き足立つ心とはうらはらに、紫外線の増加、花粉&黄砂、年度末のストレスなどによって、肌の調子は崩れてしまいがち。

季節の変わり目は肌荒れしやすい時期ですが、なかでも、春先は一番肌が不安定になるとされています。

ガサガサ乾燥、赤み、湿疹、くすみ感、油うき…。長く尾を引きずりがちな春の肌荒れに加えて、花粉症による肌ストレスで、「もうお化粧どころじゃない…」なんてダブルパンチになっていませんか。

新しい出会いが増える春は、肌トラブルのボロボロ肌ではなく、つるっとしたキレイなモテ肌を目指したいですね!

そこで今回は、春の紫外線や花粉症による肌トラブルを回避して、モテ肌をつくるテクニックをご紹介していきます。

ベースメイク&リップからUVケアを

紫外線が少ない冬を越え、春先は急激に紫外線が増えます。紫外線によって肌のバリア機能がダメージを受けやすいので、UVケアはマスト。夜のスキンケアでもバリア機能を守るため、保水&保湿ケアを重点的に。

化粧下地でもUVケアの製品を取り入れたいのですが、実はSPF、PAの表示通りの効果を期待するには、思っている以上に多くの量を塗らないといけないため、ほとんどの人がきちんと日焼け止めの効果を得られていないという検証もあります。

たくさんつけていると逆に肌荒れするという方もいるでしょうから、外出時間が長い時は特に、下地、ファンデ、パウダーなど2重、3重に紫外線対策するのがおすすめです。

ファンデーションは油浮き対策で美肌作り

気温に対応して皮脂や汗も出てきます。これが油浮きの原因に…。崩れやすくなったり、夕方にはくすみがでたりします。

皮脂が気になるからといって、スキンケアをショートカットするのはNG。そもそも水分バランスが崩れると皮脂が過剰に分泌されてしまうので、まずは保湿&保水で肌の状態をよくしておくこと。

そのうえで、ファンデーションや下地をライトなものに変えたり、リキッドなど油分が多いものは少量にし、最後はパウダー(お粉)で仕上げることで油浮きを防げます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント