aa

トレンドメイクで欠かせないのは透明感がある肌づくり。

水をたたえるようなハリ・ツヤを生む、薄付きのファンデーションが人気です。厚塗りはやりすぎに見えますし、老けて見えがち。

ただカバー力の低いファンデでは、気になるシミやクマが隠せない…と頼りなく思っている方も多いはず。そういう時に、重宝するのがコンシーラーですね。

コンシーラーはプチプラアイテムの中でも人気のカテゴリーで、最近は、リキッドタイプや美容成分配合のものなど、実力派のアイテムが勢揃いしています。

それでは今回は、薄盛りメイクに欠かせないコンシーラーを、肌の悩み別に使い方と人気のアイテムをまとめていきます。

クマには明るめカラー

クマにはやや明るめのイエロー系のカラーを使います。筆でラインを引くように入れ、ぼかします。目の下、ギリギリまでコンシーラーを乗せると、不自然な印象になってしまうので注意。

目もとはよく動くパーツなので、リキッドなどクリーミーなものでカバーしましょう。

シミにはやや暗めの色味を馴染ませる

シミには肌と同色か、やや暗めの色でカバーします。フェイスラインなど影になる部分はやや暗めの色味を選んで、浮かないようにします。

硬めのコンシーラーをスポットにポンポンと置き、フィットさせたら、まわりをぼかして馴染ませます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます