【BTOB】グループの人気の秘密はこれだ! 初のZeppツアー東京公演をレポート

BTOBのZeppツアー東京公演の模様をレポート! その人気の秘密を交えてお届け!!

BTOB 左からイルフン、ヒョンシク、ウングァン、ソンジェ、ミンヒョク、チャンソプ、プニエル

韓国出身の7人組ボーイズグループ、BTOB(ビートゥービー)が2月12日、Zepp DiverCity(TOKYO)にてライブを開催した。

名古屋、東京、福岡、大阪で約1万人を動員沸かせた自身初となるZeppツアー「BTOB Zepp Tour 2016 B-Loved」の東京公演。黒のスーツで登場したメンバーは、『MAGIC TIME』『BLOWIN’』とノリノリの曲からライブをスタート。入場時にロゴ入りのハンドタオルがファンに配られたが、『BLOWIN’』では、満員のフロアにそのタオルが揺れた。

ツアータイトルの「B-Loved」のコンセプトをきかれたソンジェは、「もうすぐバレンタインじゃないですか…」というと、メンバーたちは「バレンタインはVだよ!」と総ツッコミ。焦ったソンジェは「もうすぐチャンソプ君の誕生日だから、バースディのB!」と苦し紛れ発言。それをイルフンが「BTOBのBだよ!」とサラッと流して爆笑をさらう。ちょっとした話題をどんどん広げてフリートークできるメンバーたちの日本語力は、来日のたびにアップデートされている。

韓国語曲、日本語曲を織り交ぜ、アンコール含めて22曲をたっぷり歌ったが、今回のトピックスは、2月24日発売の新曲『Dear Bride』の初披露だろう。ライブ中盤にニューシングル『Dear Bride』収録曲を3曲披露したが、韓国でデビュー4年目にして初の1位に輝いた『WAY BACK HOME』にあやかってか、メロディラインの美しいミドル・バラードの曲が続く。BTOBは、ラップラインのミンヒョク、イルフンもしっかり歌えるからこそ、この手のタイプを聴かせられるのも強みだ。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント