肌あれしやすい、デリケートな肌こそしっかり対策!やさしい使い心地の日やけ止め誕生

2016.3.16 13:00SPONSORED

肌が乾燥して肌あれしていると、いつも以上に紫外線の影響を受けやすく肌がダメージを受けやすくなっています。デリケートな肌だから日やけ止めは最低夏だけ、晴れた日だけと思っていた方は、さっそく今から紫外線対策を始めましょう!

季節の変わり目であるいまは、肌も敏感に傾きがちで、肌あれしていることも多いのでは? 

実は、肌が乾燥して肌あれしていると、いつも以上に紫外線の影響を受けやすく肌がダメージを受けやすくなっているのです。

そこで、資生堂薬品では「使い心地がやさしい日やけ止め」を求める多くの声を受けて研究開発を進め、ついに今年の2月、化粧下地にも使える日やけ止め「サンメディックUV 薬用プロテクト(マイルド)」を発売。

この日やけ止めの紫外線防御効果は、「SPA50+・PA++++」で、赤ちゃんにも使える低刺激処方になっています。

デリケートな肌にも配慮し、肌あれ防止成分(グリチルリチン酸ジカリウム)、うるおい成分(キシリトール)などが含まれています。

さらに肌に透明感が出るペールパウダーも配合され、素肌がキレイに見える工夫も。

また、防腐剤(パラベン)無添加、無香料、無着色、鉱物油無添加、アルコールフリーで、いつものメーク落としなどで簡単に洗い流せます。

きちんと塗ったつもりでも、使用量が少ないと十分な紫外線防止効果が得られません。ハンカチやタオルなどで汗を拭いた後は、塗り直すことも必要です。

紫外線対策をちゃんとしたつもりになっていた人も、今日からでも遅くありません。

うっかり日やけを防ぐことは、これからの季節を快適に過ごすためだけでなく、将来の肌のことにも結びつく大切なこと。

さっそく今から、紫外線対策をぬかりなく実践していきましょう!

「サンメディックUV  薬用プロテクト(マイルド)」
50名様プレゼント!

肌が敏感になりやすい方に!赤ちゃんの肌にも使える日やけ止め「サンメディックUV 薬用プロテクト(マイルド)」の現品モニターを3月31日まで募集中。この機会に試してみては。

応募方法はhttp://medical.shiseido.co.jp/sunmedic/campaign/index.htmlまで。

心理カウンセラー・インテリアコーディネーター・社労士・旧司法試験合格といった多彩な資格を持ち、これらの資格と経験を活かして社労士事務所を経営していましたが、夫の転勤を機に事務所を廃業しました。
現在は、資格を活かしたライターのお仕事を細々とさせて頂き、心理学系・医療系を中心としたコラムを書き始めて5年目を迎えています。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント