食べられる花「エディブルフラワー」が超絶品! 調理のコツや美容効果を専門家に聞いた

いつもの料理に添えるだけで、その一品がより華やかになる「エディブルフラワー(食べられる花)」。オリーブオイルソムリエの宮崎真理子さんに、エディブルフラワーを使った料理のコツをうかがった。

いつもの料理に添えるだけで、その一品がより華やかになる「エディブルフラワー(食べられる花)」。オリーブオイルソムリエの宮崎真理子さんに、エディブルフラワーを使った料理のコツをうかがった。

「エディブルフラワーはきれいなだけでなく、おいしくて、オリーブオイルとの相性もいいんです」と宮崎さんは語る。

宮崎さんは、オリーブオイルショップ「髙堂オリーブオイル」(神奈川県川崎市)を営む傍ら、エディブルフラワーあるいは、フードフラワーとも呼ばれる、食べられる花を用いた料理を教えている。

2月下旬、「世界のオリーブオイルを使って・雛祭りのパーティーレシピ」と題した料理教室が開かれた。

すべての料理に花を用いるわけではない。宮崎さんは要所要所にエディブルフラワーを使った。

一品目はマグロのマリネ。

ぶつ切りにした刺身用のマグロに、オリーブオイルとワサビを和える。これを小さなワイングラスに盛り、花を添えた。花をあしらうことで、マグロのマリネが可愛らしい一品に早変わり。

次のライスサラダのレシピも極めてシンプル。ご飯に、茹でたエビやグリーンピース、マリネしたパプリカ、サイコロ状に切ったロースハムやイタリアンパセリを混ぜる。

これにレモン汁、塩コショウ、オリーブオイルを加え、味を整える。器に盛り、花をのせれば完成。

「エディブルフラワーは加熱せず、生で食べるのがポイント。流水で洗う人もいますが、私はそのまま使うことが多いです。ハーブといっしょにサラダに盛り付け、塩コショウやオリーブオイルをかけます。簡単な料理ですが、家族が喜んで食べてくれます」

宮崎さんは、新潟県など、地方の農家から届く花を愛用している。ビオラ、ナデシコ、スゥイートアリッサム、プリムラなど、いろいろな花が入っているため、使い勝手がいいのだそうだ。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント