ディズニー・ハロウィーン ©Disney/Pixar

東京ディズニーリゾートでは、2019年9月10日(火)〜10月31日(木)まで、「ディズニー・ハロウィーン」を開催。

ひと味違う仮装体験ができる「ディズニー仮装プラス」に関して、予約方法や流れなどポイントごとに解説していきます。

ディズニー仮装プラスは体験プログラム

「ディズニー仮装プラス」は、仮装をして参加するハロウィーン期間限定の有料体験プログラムです。

専属のカメラマンさんやガイドのキャストさんと一緒に、それぞれ仮装のテーマに合わせたスポットをまわります。

ただ撮影してもらうだけはなく、ガイドのキャストさんからそれぞれのキャラクターらしい振る舞い講座やポージングの練習があったり、(ディズニープリンセスの場合は、お辞儀や挨拶など。)最後にはディズニーキャラクターとの記念撮影や修了証のプレゼントがあったり、盛りだくさんのプログラムです。

かなりざっくりとしたイメージでいうと「(衣装を自分で用意する)大人のビビディ・バビディ・ブティック」的ガイドツアーになります。

ゲスト同士が仲良くなれるのも魅力

「ディズニー仮装プラス」は、だいたいの場合何組か合同で行われ、例年最初に自己紹介をするコーナーがあったり、他のゲストがカメラマン撮影をしている間にお手持ちカメラで撮り合いっこをしたり、同じツアーになる他のゲストと交流する場面が多く、和気あいあいとした雰囲気で楽しむことができます。

所要時間が1時間30分〜2時間とがっつりとしたツアーですが、体感的にはあっという間!

仮装初心者にも優しい

カメラマンの撮影の際には、ポーズのアドバイスもしてくれます。

写真に撮られることに不慣れな方でも、ステキに撮影してもらえるのも魅力のひとつ。

私が参加した際には、同じツアーに参加した同じ作品の仮装をしたゲストと記念撮影を撮る場面もありました。

お一人様や仮装初心者にも優しく、誰でも参加できるツアーです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます