東和電子、音が明瞭に聞こえるテレビ用高音質スピーカー「TW-D77OPT」

2016.6.1 18:15配信
本体とスピーカーで構成する「TW-D77OPT」

東和電子は6月1日、テレビ音声の聞きやすさを追求した卵型のテレビ用高音質スピーカー「TW-D77OPT」を6月下旬に発売すると発表した。価格はオープンで、税込みの実勢価格は2万2550円前後の見込み。

地上デジタル放送は、映像はハイビジョン画質、音声はCD並みの音質を楽しむことができる。しかし、最近はテレビの薄型化、細フレーム化によってスピーカーユニットが小型化し、音がこもりがちになることがある。そこで、同社はテレビ音声を聞き取りやすくするスピーカーとして「TW-D7OPT」を2011年6月に発売し、ロングセラーモデルとなった。

その後継機種となる「TW-D77OPT」は、コンセプトはそのままに、前機種と比べ約2割ほど大きなスピーカーきょう体を採用。直径60mmの大型マグネットスピーカーユニット、直径70mmのプレッシャーボード付き大型パッシブラジエーター、大型ディフューザーなどを備える。

また、パッシブラジエーターや周波数特性などを見直し、男性の声などの低音もこれまで以上に厚みのある音で再現。インタビューなどで聞き取りづらい音声も、音量をあげなくても滑舌が良くなったかのように聞こえる。重低音を強調する「ブースト」ボタンを設け、映画やゲームなども楽しめる。また、スピーカーを左右に広げて設置することで、より臨場感のある音場を手軽に作り上げることができる。

テレビとは光ケーブル1本で簡単に接続でき、オートパワー機能でスピーカーの電源をテレビの電源に連動させ、自動的にオン/オフできる。スマートフォンなど、イヤホンジャックを搭載した他のオーディオ機器とも接続可能。アンプ出力は10W+10W(ダイナミックパワー)。サイズは、本体が幅106×高さ180×奥行き39mm、スピーカーが幅113×高さ162×奥行き117mm、本体とスピーカーの重さは1250g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング