【V系】「生きたくなくて、死ねない、ことがあってもいいじゃん!」DEZERTツアーファイナルワンマンライブレポ【写真満載】

2016.6.15 12:00

6月5日、東京・ZeppTokyoにて開催された、DEZERT ONEMAN LIVE TOUR 2016【楽しい食卓ツアー】FINALのもようを写真満載でレポートします。

DEZERTDEZERT(撮影・tama)

6月5日、「DEZERT ONEMAN LIVE TOUR 2016【楽しい食卓ツアー】FINAL」が東京・ZeppTokyoにて開催された。

1月にアルバム『最高の食卓』をリリースし、それを引っさげての全国ワンマンツアーを経て、各種イベントに参戦…と、客観的に見れば”満を持して”の”ツアーファイナル”である。

千秋(Vo)千秋(Vo)

年末のMiyako(G)加入発表後初ライブで告知されたこのZeppTokyoワンマンライブ。
この決定について年明けに別媒体のインタビューでコンポーザー、フロントマンである千秋(Vo)に訊いた所、
「決まってるんだから、もうやるしかないじゃないですか」と人をくった表情でうそぶいていた。このライブ会場不足が叫ばれる2016年に。

それでもって「“Zepp来てね!”とも言えないし」、と言った2秒後に「Zepp来てね!!!!!」でインタビューを締めていたけれど。相変わらず健やかに捻じくれていらっしゃる。

いつもどおり、の『イエスタディ』が流れる開演前のフロアは人で埋まり、ステージは白い幕に覆われて中の様子は伺えない。定刻を少し過ぎた頃に客電が落ちた。

物悲しいサウンドとともに、幕に浮かび上がるシルエットが3つ。そして眩しいほどめまぐるしく点滅するライト。そのまま楽器隊が感情たたきつけるようなサウンドをZeppのフロアに響かせる。この日のために誂えたであろう黒と赤のコントラストが凛々しい要塞のようなドラムセットのSORA(Dr)、くるくると跳ねるように回るMiyako、飄々と凶悪な低音を鳴らすSaZ(B)。

そこに千秋が合流し、一曲目はアルバムと同じく『「あー。」』、そして千秋の「始めましょ~」という声から流れるように『「君の子宮を触る」』へ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング