富山面白い箱 「面白い箱!アニメづくりのスタジオの中へ」ポスタービジュアル

富山県富山市にある施設「高志の国文学館」にて、2016年7月9日からアニメ制作の最前線を感じ取れる企画展「面白い箱!アニメづくりのスタジオの中へ」が開催されます。

展示は来場者に親しみをもって楽しんでもらうために、今回の展示では地元・富山を舞台にした作品を中心に選考。富山県南砺市に拠点を構えるアニメスタジオ「P.A.WORKS」も企画に協力しており、「SHIROBAKO」のキャラたちが案内役として登場するほか、「true tears」「花咲くいろは」などを生み出してきた“アニメ作りの現場”を再現した展示、放映中のアニメ「クロムクロ」の展示などが楽しめるそうです。

入場料は一般500円、大学生400円、高校生以下は無料。開館時間は9時30分~18時(火曜日定休)。

P.A.WORKSの公式サイトにはアニメーターの仕事を紹介する映像が公開中。どのようにしてアニメが作られているのか、興味がある人はチェックしてみては。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます