「習わせている事」と「学んでおきたかった事」は不一致!? 子どもの夢実現に必要な習い事とは

2016.6.30 11:00

子どもに習い事をさせる親は多いと思いますが、その中で、どんな力をつけてほしいと思いますか?大人になってわかった「子どもの頃にこれを習っておけばよかった」という調査結果から習い事について考えてみませんか。

6e3f53ee03c16d4bfb64672e13a30c86_s

ピアノにプールに、英会話。
未就学児から小学生頃になると、子どもの習い事を考えるパパやママも多いかもしれません。

最近では、プログラミング教室やロボット教室など、従来の習い事に加えて、人気の習い事にも少し変化が。

また、実際に大人になったみなさんは、子どもの頃にどんな能力を身に着けておけばよかったと思いますか。

今回は、子どもに必要だと思う能力や、大人が子どもの時に身に着けておきたかった能力の調査結果から、できれば、習い事でこんなことができたらよいかも……ということについて、ヒントを探ってみましょう。

e-ラーニングに関するサービスのさまざまなコンテンツを提供するイー・ラーニング研究所が発表した調査「子どもの習い事・必要なスキルに関するアンケート」からご紹介します。

子どもにどんな習い事をさせていますか(させていましたか?)

子どもに習い事をさせている、またはさせていたと回答した人は85%。ほとんどの親が子どもに習い事をさせた経験があり、習い事をさせる理由は、1位が将来のため、2位が本人の希望、3位が受験のためとなっています。

子どもの希望もありますが、どちらかというと親が将来などのためを考えて習い事をさせているケースが多いようです。

ちなみにどんな習い事をさせている(させていたか)はこちら。

サッカー

1位 スポーツ系
2位 学習塾
3位 音楽系

スポーツは水泳や体操、サッカーなど、習い事の中でも比較的小さい頃から始めることができるものかもしれません。

学習塾は小学生以降がメインとなりそうですが、今は早期教育で幼児教室もたくさんありますね。

音楽系はピアノやバイオリンなどの楽器系がメインでしょうか。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント