なぜかいつも、だめんずばかりと付き合ってしまう、いつもセカンド彼女扱いばかりされてしまう……。

そのように、なぜか恋愛をうまくいかせることができずに悶々と悩んでいる女性は案外多いものです。

その小さな経験が積み重なりいつの間にか恋愛だけではなく、自分自身に対する自信まで失ってしまうことも。

しかし、実はその恋愛がうまくいかない原因は、あなた自身ではなく、単純に恋愛をうまくいかせる方法を知らなかっただけかもしれません。

その方法とは「メス力(めすりょく)」を高めること。この「メス力」を高めることで、幸せをつかめる確率は格段にアップします。

今回はブログが月間200万PVを超える超人気恋愛コラムニスト、神崎メリさんの著書『大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール』から「メス力」とは何か、そしてそれを高める方法を紹介します。

「メス力」って何?

神崎さんの提唱する「メス力」とはそもそもどんなものなのでしょうか?

男性に媚びずに、男心に寄り添って幸せになる力を私は「メス力」と名付けました。出典(『大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール』著・神崎メリ)

そう神崎さんが言うように、男性に寄り添いつつも自分自身を見失わない、それが「メス力」なのです。

男性に寄り添おうとすれば自分を失ってしまう、自分を保とうとすれば男性に対して意地っ張りになってしまう、そんなパターンの中で右往左往している人は多いはず。

恋愛に悩む女性の多くは、その2つのことのバランスを取ることができていません。

それでは、この2つのバランスを上手にとって「メス力」をアップさせる方法とはどういったものなのでしょうか?

「メス力」をアップさせる4つの鉄則ルールとは?

1: 男性の「ど本命」になることを諦めない

彼氏の中での優先度が低いことに気が付きつつも、「彼氏と一緒にいられるなら2番目でもいい」「忙しい彼氏だから仕方がない」そう甘んじてしまっていませんか?

幸せをつかみ取りたいならば彼氏の「ど本命」になることを諦めてしまってはいけません。

神崎さんは

女性が恋愛で幸せを感じるには、つねに相手から優先順位の1位にしてもらえてる感覚があって、寂しい思いをしたり、不安になったりすることがない「私の彼って優しくて超マメなの」という状態になること出典(『大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール』著・神崎メリ)

と話しています。

自分自身が恋愛で満たされた状態になることを手放すことはしないようにしたいものです。

2: 体の関係になる前に男性の「ど本命」になっているかを見極める

神崎さんは本書の中で「男性は体の関係になるまでが気持ちのピーク」と語っています。

一度体の関係になってしまえば、男性の中ではあなたに対する扱いが固定化されしまいます。つまり、「ど本命」になる前に体の関係を持ってしまうことで、たとえお付き合いができたとしても納得いくような扱いをしてもらえないことも……。

実は、自分が「ど本命」として見られているかの見極めは簡単。

カンタンな見極めのポイントは、口説かれてる段階で彼が紳士かどうか? というところなんです。出典(『大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール』著・神崎メリ)

あなたを「ど本命」として扱っている男性は、全力で手助けしようとしたり、あっさり手を出そうとしてきたりすることはありません。

付き合う前、体の関係になる前から自分が満たされる状態を作ってくれているかどうか? という部分を誤魔化すことなく見極めましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます