整形しなくてもパッチリ二重、長まつげになれる! 医師に聞いた「美人目」をつくる習慣

美人は皆、目がキレイ! でも、どうすればキレイな目をつくれるの? メイクや二重づくり、まつげを伸ばすテクなど、美人目に必要な習慣をお医者さまから学びます。

5466716b5c5e966755ec851b22ed073d_s

「この人、キレイ!」と思う相手の目はたいていキレイ。やっぱり美人は目から、なんです!

では普段どういう生活を送れば美しい目になれるの? そこで今回、『クマや充血は毎日5分で消える! 39の心がけ』(東邦出版)などの著書がある目の専門家、彩の国東大宮メディカルセンター・眼科長の平松類先生にお話を伺いました。

1. アイラインは「1ミリ」あける

目のふちギリギリに黒いアイラインを引くと、目を大きく見せられる――多くの女性が知っていて、日頃からやっているメイクではないでしょうか。でも、この目のきわメイク、実はキレイな目をつくるのに、逆効果になっているかも……。

「まぶたには目のふちから1ミリ程度の位置に『マイボーム腺』があり、まぶたからの油が出ています。この油が涙の質を保っていますが、マイボーム腺に化粧品がついていると、油が正常に分泌されなくなり、結果的に涙の質が悪くなり、黒目が小さくなったり、目の輝きがなくなったりしてしまいます」(平松先生)

それは望むところではないですよね。では、どうすれば? 平松先生は「どうしても目を大きく見せたい、というときを除き、普段は1ミリのふちをあけて、アイラインを引いてください」と話します。目そのものがキレイになれば、すっぴんの目も美しくなるし、メイクをしたときはさらにキレイに見えるはず。「元の目を美しくする」ことも意識したいもの。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント