【チャイルドシート】「第10回 キッズデザイン賞」受賞! 『Child Guard 1.0』安心・安全な5つの特長

第10回キッズデザイン賞を受賞したチャイルドシート『Child Guard 1.0』は、日本とヨーロッパの安全基準を追求したチャイルドシート。安全のコンセプトは「“チャイルドシート”ではなく“チャイルドガード”にすること」。赤ちゃんと安心安全なおでかけを。

childguardTOP ©タカタ株式会社

赤ちゃんとの車でのお出かけの必需品といえば、チャイルドシート。

いざ選ぼうとすると、種類も機能もそれぞれで迷ってしまうこともあるかもしれません。

それなら、こんなチャイルドシートを選択肢の1つに加えてみてはいかがでしょうか。

先日発表された「第10回キッズデザイン賞」を受賞した、自動車用安全システムを提供する専門メーカー、タカタ株式会社のチャイルドシート『Child Guard 1.0』です。

『Child Guard 1.0』ってどんなチャイルドシート?

【タカタ】Child Guard 1.0_DARK GREYs ©タカタ株式会社

『Child Guard 1.0』は、ベビー用品とは考えず、安心を追求し、ドイツと日本の視点で共同開発したチャイルドシート。差して押し込むだけで簡単装着することができるISOFIX 対応です。

※2012年7月発売以降のISOFIX(アイソフィックス)対応車両に取付け可能。

安全

万が一をゼロにするために、日本とベルリンで衝突実験を繰り返し、独自のAIRPADをダブルで搭載し、衝突時のガードを強化しています。

低重心設計

走行中もしっかり安定、遠心力や衝撃にも揺れず、安全で快適な乗り心地を実現。

安心リクライニング

チャイルドモードでは眠っていても安心、ノーマル&スリープの2ポジション、ベビーモードは新生児クッションと合わせて体への負担を軽減します。

乗り降ろし快適

片手でくるりと回転することができ、ハーネスの着脱を簡単、確実にするマグネット・タング&自立バックルでハーネスのねじりも防ぎます。

大型UVサンシェード

シート側面にカーブさせた独特のシェードフレームで、サイドガラスからの強い日差しを効果的にカットします。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント