「怒鳴らないと言うことを聞かない子」になるのは何故? しつけを始めるタイミングとコツ

「子どもは小さい頃から厳しくしつけたほうがいい」と考える親がいる一方、「自由に伸び伸びと育てたい」とほったらかしにしている親もいます。いったい、どちらの対応をしたら子どもはうまく育つのでしょうか? しつけのタイミングやコツをご紹介します。

0038_xlarge

「子どもは犬猫と同じ。小さい頃からやって良いことと悪いことを厳しくしつけた方がいい」と考える親もいる一方、「自由に伸び伸びと育てたい」とほったらかしている人もいます。いったい、どちらの対応をしたら子どもはうまく育つのでしょうか?

今日は『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』の著者の立石美津子がお話します。

過去には“狼に育てられた子”も

過去に野生動物が人間を育てるという出来事が起こっています。

有名なのは1920年、インドのジャングルで発見された2人の少女“狼少女 アマラとカマラ”のお話。元々、二人は知恵遅れがあったという説もあるので真相は定かではありませんが、こんな話です。

“生まれた時から狼に育てられた姉妹は発見時、推定8歳と2歳。アマラ、カマラと名付けられた少女達は狼のような振る舞いした。二足歩行することはなく、動物のような格好で歩き、食事は生肉を好み、食べるときは手を使わず地面に置かれた皿に顔を近づけてなめるようにして口に入れた。目は暗闇の中でもぎらりと光り、夜になると遠吠えをし、狼そのものだった”野生児の記録 1 狼に育てられた子

“しつけ”って0歳からする必要はあるの?

人間として生まれた子が人間らしく育っていくにはしつけは必要です。そうしないと“狼に育てられた子”みたいになってしまうかもしれません。でも、何歳からスタートしたらよいのでしょうか?

答え:生まれた直後から始めましょう。

人の子は本能としてお乳を吸うこと、お腹が空いたときや熱があって具合が悪いときは泣くことなどを知って生まれてきますが、テーブルに足を上げていいこと、絵本を破ってはならないことなど知らないまま生まれてくるからです。これらを親が子育てしながら教えていくのが“しつけ”ですね。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント