宮澤佐江


はい。多分、12月には始まると思います。

--現在は、『ウエスト・サイド・ストーリー』Season1が絶賛公演中で、佐江ちゃんが観劇した様子も、SNSにアップされていましたね。

はい! 観させていただきました。

--Season1は現在公演中で、佐江ちゃんが出演するのは、2020年2月1日(土)から公演が始まるSeason2ですよね。この日本キャスト版によるふたつの公演に先駆けて、10月末まで上演されていたのが、ブロードウェイからの来日キャスト版ですね。

そうなんです。10月末には、来日キャスト版を観させていただきました。

そのときは、「最高のエンターテインメントだ!」と思いながら観させていただいて。自分も数ヶ月後には、同じ舞台に立つのに、あのときはまだ、「この舞台に自分も立つ」っていう実感がわいていなくて。

でもその後すぐに、日本人キャストの方たちのSeason1を観たら、次に自分が舞台に立つ実感が迫ってきました。全体を「客観的」に観て感動した、来日キャスト版のときとはまた違う、「ポイントごとに感動する」というのかな。そんな感動がたくさんありました。

Season1には、『王家の紋章』や『ZEROTOPIA』で、一緒に舞台に立っていた方たちがいっぱい出演されていて。いろんなシーンで活躍しているのを観て、すごく感動しました。

友人が出ているということもあったかもしれませんが、濃い時間を共にしたからこそ生まれる感情で。“私も一緒に出たかった”っていう「さみしさ」はありつつも、ひとつの作品の「バトン」をつないで、Season2に出演できるのは、本当に嬉しいことだと思いました。

--佐江ちゃん演じるアニータ役を、客席から観てどうでしたか?

Season1のアニータ役は、Season2と同様にダブルキャストで、もうひとりの方の回も観たくなりました。私が観させていただいた方は、すごく細い方なんですが、声量が素晴らしくて。お歌もすごく迫力があるんです。

アニータは姉御肌っぽい役で、マリア役と年齢差はどれくらいあるかわからないけれど、マリア役の方との差がちゃんと出ていて素敵だなと思いました。観ながら“私だったらどうやるかな”とプランを立てつつ観させていただきました。(編集部註:アニータはマリアの兄の恋人)

--同じ作品で、来日キャスト版、日本キャスト版と続けて観られる経験もあまりないことですね。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー