「あれ? そんな言い回し今までしてた?」彼氏に対してそう感じたことがありませんか?

今までまったく会話の中に登場しなかった言い回しが急激に出てくるようになるのは、もしかしたら浮気のサインかも!?

今回は浮気を見破った「突然彼氏が使うようになったワード」について紹介します。

彼氏の口からこんな言い回しが出たら要注意!

1: 謎の「〇〇さん」

「〇〇さんと飲みに行ってた」「〇〇さんに呼ばれて」と、最近彼氏の口から名前がよく出る〇〇さんという人。どうやらその人は、隣の隣の部署など彼氏からは微妙に遠いポジションのよう……。

「〇〇さんなんていたっけ?」「そんな遠いのに仲良しなんだね?」と不思議に思う名前が出ていませんか?

それは、〇〇さんが同じ部署では都合が悪いのです。「仲良くないこと」がバレてしまいますが、遠い関係性だと調べようがありません。

「確かに〇〇さんはいるけれど、彼氏とは無関係のおじさん社員」ということもよくある話。

〇〇さんにかこつけて浮気相手と会っている可能性も!

2: 語尾に「知らないけど」

「あの芸能人って△△なんだよね、知らないけど」のように、彼氏が噂や情報を言うとき語尾につけるようになった……。その情報は浮気相手の女性からかもしれません。

こっそりと女性から聞いている状態が後ろめたいので、つい「知らないけど」と言ってしまうのです。

「~っていう話だよ」では、「誰が言ってた話なの?」と言われてしまうので「知らないけど」でお茶を濁すのです。

3: 「まだ分からない」「どうだったかな」

予定を聞いても「分からない」とはっきり明言しないことが多くなったのは、浮気相手とした約束や、会う予定を頭の中で照らし合わせているから。

そのため即答できないのです。

その場で確認もできないので、「どうだったかな」と言葉を濁します。彼女が誘ったのに予定が「分からない」のは浮気相手の予定を優先しているのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます