これで15分早く退社できる!?「Google日本語入力」のススメ

2012.6.15 12:00

パソコンの文字入力効率をアップさせるのに役立つ「Google日本語入力」の利点と使い方を紹介。中でも、あの名ゼリフからキャラクター名まで網羅する、凄まじい変換能力は必見です。

どうも効率よくパソコンで文書作成ができない。精一杯やっているつもりでも時間がかかりすぎてストレスも溜まる、おまけに誤字脱字がチラホラと……そんなこんなで“書く”という行為に苦手意識を持っている方はいないだろうか? ビジネス書を読んで文章の書き方を学ぶ、タッチタイピングの速度を上げるといった改善策はあるものの、いかんせん一朝一夕にはいかないことばかり。

そこで今回は無料ですぐ試せる入力効率アップの方法、「Google日本語入力」の利点と使い方を紹介したい。

私たちが普段なにげなく打ち込んでいる漢字かなまじりの日本語だが、これはパソコンに内蔵されている日本語変換ソフト(IME)の働きによる。実はIMEには複数の種類があって、一般のWindowsユーザーは最初から付属してくるMS-IMEをそのまま使っているだろう。ライターや編集者など本職の人はジャストシステムが販売しているATOKを使うことも多い。Google日本語入力は、それらと置き換えることができる、わずか2年前に正式リリースされたばかりの新しいIMEだ。

Google日本語入力はこちらのページ(http://www.google.co.jp/ime/)から無料ダウンロード可能。WindowsのほかMac版やAndroid版も用意されている。また、開発経緯をわかりやすく説明したウェブコミックも読めるので、興味がある人はご覧いただきたい。読み物としても十分おもしろい。

さて指示に従ってインストールすると、もうGoogle日本語入力が使えるようになっているはずだ。お使いのパソコン環境によっても異なるが、Ctrl+Shiftキーで標準のMS-IMEとGoogle日本語入力を切り替えることができる(こちらを標準IMEに設定することも可)。言語バーが青基調のアイコンに変わっていれば間違いない。 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング