%e9%88%b4%e6%9c%a8%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%91%ef%bc%94

皆さんこんにちは、Chaccoです!

旦那の同僚のかたがおっしゃっていた赤ちゃんとの外食におけるアドバイス

『外食は1歳までにいっぱい行っといたほうがいい』…ですが、

聞いた当時は生後半年のムスコを抱きながら「ふうん…?そういうもんなのか…」程度にしか思っていませんでした。

しかし!!ムスコが1歳を超えた今!ワタシも全力で叫びますよ!

『赤ちゃんとの外食は1歳までに「自分たちの好きな店に」いっぱい行っといたほうが絶対にいい!!』

…ですっ!!(興奮)

もとより、旦那とワタシはたまの外食に美味しいものを食べに行くのが付き合ってた頃からの楽しみでした。
産後は当然、悠長に外食など出来ませんが、ムスコが生後2ヵ月ほどになるといい加減、家にひきこもって育児ばかりに専念してると病んできます(汗)
じゃあ外を散歩でもしようか…ついでにいつも行きつけのパスタ屋さんでご飯でも食べようか?となって、おそるおそるドアを開けます。

0歳のうちは“地元の行きつけ”店へGo!

ワタシ「あ、あの~赤ちゃん居るんですけど大丈夫ですか?(ヒヤヒヤ)」

店員さん「あっ、大丈夫ですよ~!椅子どけますのでベビーカーのままどうぞ(ニコッ)」

うわぁ~~~い!さすが地元の人に愛される老舗店は優しいぜ…!!(感動)

久々に食べた懐かしの明太子パスタは胸に染み入るお味でした…
ムスコはその間、ベビーカーの中でウトウトと眠ってます。

店員さん「あらぁ~~可愛い~~いま何ヵ月?」
ワタシ「あっまだ生後2ヵ月で…」
店員さん「いゃあぁ~~これから楽しみねぇ~~」
旦那「そうですね~~(照)」

非常にアットホームな空間の中、いたって平和に食事を楽しみました。

そういった事が、他のエスニック料理屋や、しゃぶしゃぶ食べ放題、ハンバーグレストラン、老舗の洋食屋、うどん屋、そば屋、ラーメン屋…etcなどでも同様におこなわれまして。

ポイントは、ほぼ地元の行きつけ店ばかりなので勝手知ったる安心感と、
何かあったら自宅にすぐ戻れる利便性、
そして先にムスコにミルクを飲ませて、おむつ替えも済ませれば2~3時間は猶予がありますし
さらに抱っこ紐も装備して泣いたら片方があやし、もう片方が食べて、それを繰り返せばOK。

もう今に比べたら全然、楽勝でしたよ(笑)
「次の週末はどこで何たべようか♪」なんて楽し気に夫婦で計画を練ってましたよ。

それが離乳食が開始すると、だんだん大人の食べてるものに手を出してきます。
起床時間も長くなるので寝てる間にゆっくり…ということも難しいです。
泣き声もどんどん大きくなり、ベビーカーでギャン泣きされたら店内でかなり目立ちます。
体重もどんどん重くなり抱っこしてあやし続けるのもキツイので、抱っこ紐でおんぶしてソソクサと食べきり、いそいで会計を済ませ店外へ逃げ出すようにして食事が終わります。

それでもワタシは
『辛いのは今だけ!ベビーチェアに座れるようになったらきっと楽になるんだわ!だってそういうママと子供をよく見たもの…!!』
…と希望を持ち続け、ムスコの腰が座るのをひたひたと待ちました。

こんなはずでは!! 1歳からの外食ハードル

そして遂にベビーチェアにガッツリ座れるようになった1歳!!
勝ったな!またバラ色の外食人生が待ってるぜ!!

そう勇み足でファミリー向けレストランに入り、ベビーチェアに座らせた直後…

「ハピママ*」更新情報が受け取れます