12月は、忘年会があったり、クリスマスがあったり、なにかとイベントが多い月でもあります。

ということは……“浮気”に発展しやすかったり、もともと“不倫”している者同士が時間をつくりやすかったりする時期でもあります。

でも、「バレないだろう」と思っているのは“自分だけ”だったりするので、お気をつけくださいませ。

そこで今回は、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光が、調査会社『ガルエージェンシー新橋』の代表、田川純一さんにお話を伺ってきました。

12月の「浮気調査」は、30%増し!

田川さんが代表を務める『ガルエージェンシー新橋』は、浮気調査以外にも、素行調査、行方調査、取引先の信用調査などの依頼が絶えることがありません。

そのなかでも、一番依頼が多い調査内容をお訊きしたところ、やはり「浮気調査」が一番多いとのこと。

高草木:浮気調査は何番目に多い依頼なのですか?

田川:依頼を受けるなかで一番多いですよ。

高草木:そうなのですね。それだけ配偶者の浮気問題で頭を悩ませている人が多いということですね。

田川:そうですね。

高草木:浮気調査は、男性と女性、どちらからの依頼が多いのですか?

田川:若干、女性からが多いですが、ほぼ同じくらいの割合です。

高草木:なるほど〜。私のところに相談に訪れる人も、女性と男性の割合はそれほど差がないですし、妻の浮気問題で相談に訪れる男性も増えています。

田川:弊社も、以前は女性からの依頼が多かったのですが、ここ数年間で変わってきました。

高草木:そうなのですね......。

ところで、12月の浮気調査は、普段と比べて実際に増えるのですか?

田川:増えますよ。普段の月と比べると、30%増しくらいです。

高草木:30%増し!?12月の探偵さんは大忙しですね。

探偵が語る「不倫をしている人の特徴」とは?

高草木:クリスマス時期には特に浮気調査が増える印象がありますが、実際に調査をすると対象者はどのくらいの確率で「クロ」なのでしょうか?

田川:ある程度の期間(3日以上)調査すれば、90%以上の対象者が「クロ」です。

高草木:90%以上!?それはスゴイ確率ですね。まぁ、「怪しい」と思うから依頼するわけですしね……

たとえば、調査していて気づいた「不倫中の2人がとる特徴的な行動」みたいなものってありますか?

田川:そうですね……。会う前日には、お互いの携帯でのやり取りが増えますね。そして、当日は朝からソワソワしています(笑)。

2人が会う前は、周りをキョロキョロして警戒している人も多いですね。

女性は、みんな綺麗に着飾っていて、バッチリ化粧をしていますよ。

高草木:なるほど〜。「面白い」というのは語弊があると思いますが……でも、オモシロイし、興味深いですね(笑)。

本人も「マズイことをしているな」とわかっているのですよね。

でも、そのスリルが刺激となり、ますます“いけない情事”にハマっていく……

それが「不倫」ですからね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます