「“福”を呼び込むクローゼット」捨てきれないアナタがやるべき、たった3つの片付け術

2016.12.25 10:30

年末年始の休みを利用して、徹底的に片付けしてみませんか?今回はスタイリストの筆者が、不幸を寄せ付けないとっておきのクローゼットの片付け方法をご紹介します。

qvkimq8zzkdjtve1482378498

年末年始は特に予定がない、というそこのあなた!

年末年始の休みを利用して、徹底的に片付けしてみませんか?

部屋全部を片付けしなくても、クローゼットに収納しきれなくなった洋服や、ついつい溜まり続ける洋服をすっきり片付けるだけで、部屋から陰の気を追い出すことができて一石二鳥。

今回はスタイリストの筆者が、不幸を寄せ付けないとっておきのクローゼットの片付け方法をご紹介します。

捨てきれないあなたが最初に捨てるべき服

とにかく服を捨てられない方が、一番最初に片付けるべき服。

それは『家で着る服』と名づけられた、とりあえず保管してある大量の洋服です。

こう呼ばれる洋服のほとんどは量だけはあり、実際家で着るものはほんの一部。

かつては一番のお気に入りだったけれど、今では古さや似合わなさを感じたりすることで人の前で着るには抵抗が生じ、どんどん外出時に着る機会を失い“かろうじて人の目に触れない空間だけで着ることが許された服”化してしまったのが、この洋服の本来の姿。

“昔は自分を綺麗に見せてくれた服だけど、今自分を綺麗に見せることはもうない”とどこかで分かっていつつも、捨てる機会をただ先延ばしにしているこれらの服。

本当に家で着る分を数枚残して、あとはすべて捨てましょう。

最も執着しがちな服もすべて処分

捨てようと思いつつ、いつも捨てられない洋服といえば、背伸びして買った高価な洋服ではないでしょうか。

洋服に限らずほとんど傷みのない綺麗な状態の高価なバッグや靴は、かつていざ使うとなると汚れがつくことを気にしたり、使うのがもったいないという気持ちが勝ったりした過去がつきもの。

こうした過去を経て“奮発して買ったのにモトをとるほど使っていない、過去の自分への執着服”化してしまったのがこれらの洋服の本来の姿。

執着は不幸を招きますので、“かつて背伸びして買った時代遅れのその服は、今のおしゃれの勉強代”と納得し、執着心と一緒に捨てきりましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

「ダイエット&モテ動画」で愛され女子に♪

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント