%e3%81%86%e3%82%8c%e3%81%b4%e3%81%82%e7%b7%8f%e7%a0%94_%e5%a4%b1%e6%81%8b

大好きだった彼との別れ…。

今まで隣にいてくれた人がいきなり消えてしまうと、どうしたらいいのか分からなくなってしまうでしょう。

あまりのショックで、仕事も人間関係も投げやりになっていませんか?

失恋したばかりだからこそ、余計な行動は起こさず、ゆっくりと過ごしましょう。

そこで今回は、失恋したあとにとってはいけない行動をご紹介いたします。

元彼とのやりとり(連絡)を途絶えさせないように必死

失恋直後は、どうしても現実を受けとめきれません。

今まで彼のために空けておいた週末も、どう過ごせばいいのか分からなくなるでしょう。

友だちと過ごしていても、心は晴れませんし…。

そんなときに思いつくことといえば、元彼に連絡をとること。

別れているはずなのに「久しぶり!元気にしてる?」と連絡をとっていませんか?

二人はあくまでも別れているわけですから、連絡をとったところでなにか進展があるとは限りません。

仮に連絡が返ってきたとしても、それは彼なりの優しさでしょう。

自分で自分を傷つけないように気をつけて!

まったく興味のない相手とデートをする

失恋したばかりだと、街中でカップルをみるのも辛くなります。

しかし、いくら寂しいからといって、まったく興味のない男性とデートしたところで、さらにむなしくなるだけでしょう。

よりにもよって、なぜか失恋直後は声をかけられやすかったりもします。

「寂しいから」「隣に誰かいてほしいから」と思ってデートをしても、結局、元彼を忘れられていない限り前には進めないのです。

自分の気持ちを無視してまで、無理やり新しい恋人をつくる必要はありません。

相手のペースに流されないように注意しましょう。

当時よく聞いていた音楽をひたすら聞く

恋愛しているときは、各々テーマソングがあるでしょう。

たとえば元彼と付き合う前は前向きソング、喧嘩をしたときは一人で頑張る系ソングと、その時々で聞いていた曲がありますよね。

失恋した後も、ついいつものようにお気に入りの曲を聞いて、今までの思い出に浸ってしまいますが、これは傷が深くなるだけ。

どうしても彼のことが忘れられないなら、曲を聴きながらじっとするよりも、なにか新しいことを始めたり身体を動かしたりと、別の方向でストレスを発散させましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます