85b2cafbc38bc933c7f87eddff694ae1_s

新年、何か目標をたてましたか?

「一年の計は元旦にあり」と、手帳や携帯のメモに書き込んだ人も少なくないかもしれませんね。

でも、2007年のイギリスの研究では、元旦に目標を立てた人のうち、それを達成できた人はわずか12%という結果が出ているそうです!

やはり、目標を達成するということはそれほど難しいことなのでしょうか?

実は、この目標を達成できるかどうかの裏側には、「運」や「時の力」が影響しているというのです。

いつ始めればいいか? 願いがかなう・目標が実現する「運のいい日」がわかる本』では、著者の柳川隆洸さんが自らの経験も交えながら「運のいい日」を味方につける「タイムディレクション」の方法について教えてくれています。

本書にそって、今年立てた目標を実現させるべく、「運」を味方につけちゃいましょう!

物事を始めるにはそれにふさわしい時がある

柳川さんは、占星術をビジネス活動で活用し、「古代からの知恵である占星術が人生とビジネスを発展させてくれる優良なツールである」としてサービス提供を開始。著名人や経営者など1000人以上のコンサルティングを行っています。

そこで重要視しているのが、「時の力」。目標を設定するのには、「それにふさわしい時」がある、というのです。

たとえば時代劇などで見かける光景ですが、大名が「敵国にはいつ攻め込むのがよいか?」と軍師に尋ねる場面。当時の軍師は星の動きも見て「良き日」を判断していたそうです。

もっとなじみがあるものとしては、大安や仏滅などの「六曜」。結婚などのお祝いごとは、できるだけ大安の日を選ぼうとしますよね。

これらは、「時の力」を借りて、人間の力だけでは実現できないような大事も成し遂げることができるという、昔の人々の知恵の名残だといいます。

では、こういった「時の力」を味方につけられる物事のスタート日はいつなのでしょうか?

「ハピママ*」更新情報が受け取れます