「ママの闇」に共感続々! 『離婚してもいいですか?』『ママ友がこわい』作者インタビュー

2017.2.27 14:00

ママのリアルな本音を描くコミックエッセイ『離婚してもいいですか?』『ママ友がこわい』が、ママたちの共感を呼んでいます。ママ友との人間関係や夫との不和、またその陰にある孤独や不安……ママをとりまく「闇」とはいったいどんなものなのでしょうか。作者にお話を伺いました。

結婚や妊娠、出産、育児。幸せを感じる一方で、多かれ少なかれ、「思い描いていたものと違う」というモヤモヤを抱いたことがある人も多いのではないでしょうか。

コミックエッセイ『離婚してもいいですか?』『ママ友がこわい』は、そんな女性たちのリアルな本音を描いたもの。ママ友との人間関係や、夫との不和、またその陰にある孤独や不安・・・子育て中のママならきっと共感できる部分があるはずです。

今回は、作者の野原広子さんに制作秘話をお伺いしました。

ママ友とのトラブルは避けて通れない問題!?

——『ママ友がこわい』は、幼稚園のママ友の人間関係がテーマのコミックエッセイですが、野原さんご自身は、このようなママ友トラブルのご経験はありますか?

野原広子さん(以下、野原):ママ友トラブルは私はなかったな~と思っていたのですが、よくよく思い出したら、ありましたね。子どもが保育園に通い始めて最初に仲良くなったママ友とは、苦い経験がありました。

子ども同士がとても仲良くなって、親同士も一気に仲良くなって一緒に出掛けたり遊んだり本当に楽しかったですね。しかし次第にお互い遠慮がなくなってしまって…。

あることでケンカして、最後には声もかけてもらえなくなって。その後、そのママ友は転勤してしまったんですが、寂しかったですね。私たちあんなに仲が良かったのに…って。距離感を間違えてしまったんだと思います。

フィクションで描いたつもりなんですが、しっかり似たような経験をしていました。

——やはりママ友社会はしんどいものなのでしょうか。

野原:子ども同士のつながりも考えて、ママ友付き合いを頑張っていても、いつの間にか嫌われていたり。しんどいなぁって思うこともありました。でもそういうどこかお互い無理してる関係というのは、自然と消えていきましたね。

この本を描くにあたって、まわりの方に「ママ友関係で大変だったことがありますか?」と聞くと、たいていの方が「私は大丈夫。別になかったよ」と答えるんです。その後、「でも…」と小さい声で続いたあと「あっても言えない」「聞かないで」と顔を曇らせる方が多くて。ことの大小はあっても苦い思いをしたことがある方は多いんだと感じました。

でも、決して口にはしない。出さない。だって、平和に暮らしたいから。

当時の自分なら、やはり目線下にしつつ「聞かないで」と答えたいですね(笑)。そこ、踏み込んじゃいけないところですよ~って。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

ママにおすすめ♪人気動画

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitter

50ママ 総合ニュース&コラム

ソーシャルアカウント