ニコニコ動画の中でも1、2を争う人気ジャンルである「歌ってみた」。ボカロ曲からアニソン、洋楽に至るまで数々の動画が投稿され、プロデビューを果たす歌い手も続々登場しています。

本連載ではそんな「歌ってみた」がどのようにして発展してきたのか、動画と共に振り返っていこうと思います。

前回 [http://ure.pia.co.jp/articles/-/6612] は2009年頃から始まったニコニコ動画でのオーディションの数々を取り上げました。今回はいよいよ最終回。ニコニコ動画から羽ばたいていったミュージシャンを取り上げます。

ニコニコ動画からデビューした歌い手……たくさんいるのですが、中でも特に話題になったのが歌い手の「ピコ」でしょう。2007年12月にニコ動デビューし、そこからハイトーンボイスを武器に活動を開始したピコさんは、「niconico WINTER LIVE '08」(2008年夏)、「ニコニコ大会議」(2009年)と精力的にライブ活動を行い、その人気を不動のものにしていきました。そしてついに2010年10月、キューンレコードよりシングル「Story」でメジャーデビューを果たすことになります。 

 

 

その後、ピコさんは2枚のアルバムをリリースし全国ワンマンツアーを開催、また彼の声をサンプリングしたVOCALOID「歌手音ピコ」が発売されるなど、多方面で活躍を続けています。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます