SUPER JUNIOR-KYUHYUN
拡大画像表示

韓国の人気グループSUPER JUNIORのメンバー、キュヒョンが3月14日、神奈川・横浜アリーナで自身2度目となる全国ツアー「SUPER JUNIOR-KYUHYUN JAPAN TOUR 2017 ~ONE VOICE~」(全国7カ所16公演)のファイナル迎えた。

キュヒョンは、SUPER JUNIORの中でも歌唱力に定評のあるメンバーで、2月8日にリリースした日本初のソロ・アルバム『ONE VOICE』は、海外グループ出身のソロアーティスト初のオリコン1位を獲得。甘く温かい歌声で、ファンから「バラードの貴公子」「ギュ様」と親しまれている。

6万5000人を動員したツアー最終日。オープニングの『Beautiful』からいきなりトロッコで客席の間をグルリと回ると、「いらっしゃいませー、ファイナルにようこそ! ソロで横浜アリーナ公演ができるなんて信じられないけど、ファンが支えてくれたからできたことです。すべての力を声に注ぎます」と感謝と意気込みを言葉に込めると、『僕のまじめなラブコメディー』などアルバム『ONE VOICE』の楽曲を中心に、約3時間20分に渡るステージを展開した。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます