芦ヶ久保で車両を撮影

東京から近くて春の女子旅におススメな「秩父」への旅をご紹介。

今回は、レストラン電車の「52席の至福」に乗車し、優雅にブランチコースを食べながら、目的地の「秩父」まで向かいます。

スマホで楽しい旅をSNSに投稿してみてはいかが?

西武・旅するレストラン「52席の至福」に乗車!!

客席が52席しかないレストラン電車

旅するレストラン「52席の至福」に乗って、秩父まで向かいます。

車両は日本を代表する建築家の隈研吾氏がデザインを担当。

秩父の渓谷などの自然をモチーフにしたデザインと、沿線の伝統工芸品や地産木材を一部に使用しています。

極上のブランチコース

秩父まで3時間かけて向かいますので、ゆっくりお料理を味わいながらお酒や会話を楽しみましょう。

途中に通過する駅のホームやすれ違う電車の乗客が、とてもうらやましそうな視線をおくってきます(笑)

普段はみんなあちら側の人ですが、今日はレストラン電車の乗客です。

今日は非日常感を思いっきり楽しんじゃいましょう~♪

ブランチコースはこんな感じ

ブランチコースは、5年連続でミシュラン一つ星を獲得した「Ostu(オストゥ)」の宮根 正人氏が監修。

埼玉県出身の宮根シェフが52席の至福のために考えた料理は、深谷の牛肉を使用したローストビーフやサツマイモのラヴィオリなど、地元埼玉県の食材を使用しています。

お酒も秩父のワインやCOEDOビールなど、埼玉県にこだわったお料理とドリンクのペアリングを楽しめます。