womansecond

順風満帆な恋だけが恋のかたちではありません。

なかには付き合ってはいるけれど、彼には奥さん(もしくは彼女)がいて、彼の空いている時間にしかデートできない人もいるでしょう。

人それぞれ経緯は違うにしても、セカンドの恋を始めるからには覚悟も必要。

そこで今回は、セカンドの恋を始めるときに覚悟しておくべきことをご紹介いたします。

本命に昇格できる確証はない

セカンド扱いされても、それでもなお彼の側にいるのは、なぜでしょう?

きっと心のどこかでは、一番手になることを望んでいるはずです。一生セカンドでいいとは思っていないでしょう。しかし、肝心の彼は奥さん・彼女と別れようともせず、あなたに対しても曖昧な態度をとり続けているのでは?

そもそもセカンドとして彼と付き合うと決めた以上は、安易に一番手を希望しないこと。彼にとって正式な奥さん・彼女である人は、あくまでもあなたではなく別の女性なのです。

「1年後には別れる」と言っておきながら、別れない男も多いもの…。本命に昇格できる保証は一切ありません。それをふまえたうえで、彼とのお付き合いを楽しむべきかも。

本命になれても今度はあなたが心配する立場に

無事に彼の本命になれたとしましょう。念願だった奥さん(彼女)の地位になれたとしても、今度は、あなたが彼の浮気を心配する番になるだけ…。

奥さん・彼女がいながらも、あなたに手をだしてきた男が本当にそれっきりで浮気癖が直ると思いますか?

「自分だけは違う」とどうしても思ってしまいますが、彼にとって例外の女という発想は、おそらくないでしょう。彼を追いかけるだけの日々に疲れるくらいなら、もっと紳士的な男性とお付き合いしたほうが時間のムダにはなりません。

貴重な時期をセカンドとして過ごす覚悟は本当にある?

結婚は、いつでもできます。ただし「適齢期」が存在するのは、たしかですよね。特に20代~30代に結婚ラッシュが始まるように、この時期は非常に大切な期間でもあるのです。

一生に一度しかない今の時期を本当にセカンドとして過ごしてもいいのかどうかは、よく考えましょう。

きっとあなたなら、セカンド扱いではなく、正式に交際を申し込んできてくれる人がいるはずです。不倫や浮気を否定する権利は誰にもありませんが、幸せな家庭を望んでいるなら、相手は別の人ではないでしょうか?

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます