wedding woman

結婚を前提に彼と付き合っているなら、思いきって一緒に貯金を始めてみませんか?

交際してから、それなりに日が経っているなら二人で貯金を始めてもお金でもめることはないはず。お付き合いしている時点から結婚費用を貯めているなんて、みんなに自慢できますよね。

そこで今回は、結婚前に彼と貯金をするメリット&注意点をご紹介いたします。

メリット1:結婚を前提としたお付き合いを意識するようになる

結婚前の貯金をおすすめしたいのは、同棲もせず結婚もしない状態が続いているカップルです。おそらく、それぞれ事情があって結婚を先延ばしにしているのでしょう。

彼が会社を立ちあげ軌道にのるまで待ってほしいと言われている彼女もいれば、むしろ彼女が仕事モードに入っていて、彼とは自立した関係を続けていたいと思っている場合もあります。

いずれにせよ、結婚を前提としてお付き合いしていることに変わりないなら、共同で貯金を始めましょう。

お互いにつかっていない口座があれば、わざわざ新規で開設する必要もありません。メリットとしては、二人で一緒に貯金をしていくことで「今すぐは無理でも結婚に向けて着実に準備している」と思うことができます。

結婚できないモヤモヤも、二人で貯金をしていることで多少は解消される部分があるはずです。彼もあなたと共通の口座をもつことに同意してくれるなら、それだけ結婚する意思がかたいのでしょう。

メリット2:彼の本気度を試せる

彼が今どんな気持ちでいるか分からない…。同棲もしないし結婚の話も出ずに不安がっているなら「二人で貯金を始めてみない?」と提案してみましょう。

そのときに「ああ、それもいいね」とすぐに納得してくれるなら、あなたが心配しなくてもきっと大丈夫。彼も彼なりにいろいろ考えているはず…。

しかし、曖昧な態度をとり続け、いつになっても貯金の準備を始めようとしないなら、ちょっと危険。もしかしたら「結婚したいよね」と同意しているのは嘘で本当は心のどこかで「独身でもいいや」と開き直っている可能性も…。

メリット3:仕事のモチベーションに繋がる

二人で貯金を始めることによって必然的に仕事をがんばろうと思えるでしょう。

それは共同で貯金を始める最大のメリットといってもおかしくはないはずです。

彼との結婚資金を自分だけではなく彼も一緒になって貯めてくれるなら、たとえ今すぐ結婚できなくても、それだけで十分に幸せなふたりですよね。

仕事をがんばってそれなりに認めてもらえれば、年収も多少は上がり、貯金に回せる金額も増えるかもしれません。年収を上げようと始めた副業が軌道にのり本業となって独立する可能性も0ではないんです。

二人で同じ方向性に向かって動き出せば、仕事も恋もどんどん軌道にのるでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます