2017年3月25日・26日の2日間、東京ビッグサイトにてアニメの祭典「AnimeJapan 2017」(アニメジャパン)が開催。今回は、各ブースを彩ったコンパニオンを中心にレポートをお届けしていきます。

ブースには『けものフレンズ』や、『進撃の巨人』の調査兵団など、各ブースには人気作品のコスプレコンパニオンが並び、作品やサービスをアピール。他にもスマホゲーム『陰陽師』ブース、擬人化プロジェクト『タマ&フレンズ』ブースなど、全体的にケモいキャラクターのブームが来ているように感じました。

オーソドックスなスタイルのコンパニオンさんも、清楚な美しさを振りまいていました。特にバンダイナムコブースは、かなりたくさんのコンパニオンさんを配置。気合が伝わりました。

興味深かったのが、新作アニメ『直感×アルゴリズム』応援アイドルとして、「フィロソフィーのダンス」がコンパニオン活動をしていたこと。

アニメ化のみならず、アイドル満載の実写化を行った『咲-Saki-』のように、二つのシーンはどんどんクロスオーバーしていくかもしれません。

1977年横須賀市生まれ。ライター/ブロガー。2004年からはてなダイアリーにて、ブログ「鈴木妄想なんじゃもん」を開始。日本各地・アジア各国のアイドルシーンやサブカルチャー/ポップカルチャーについて独自の視点で語り続ける。著作に「新大久保とK-POP」(マイコミ新書)。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます