『T2 トレインスポッティング』公開中

90年代カルチャーの象徴的作品として一世を風靡した映画『トレインスポッティング』のオリジナルキャストが再結集し、21年ぶりの続編『T2 トレインスポッティング』が公開中。

果たして20年を経て同じ役に再挑戦したユアン・マクレガーたちは変わったのか変わってないのか?

続編やリブートが花盛りの昨今、映画の今と昔について20代、30代の映画好きのみなさんに語り合っていただきました!

薄:30代男性、『トレスポ2』は鑑賞済み
佐原:30代女性、『トレスポ2』はこれから観る。
大林:20代男性、映画のスーツ姿に目がないオシャレ男子
後藤:本企画の編集者

主演のユアンは「スター・ウォーズ」のオビ=ワンのイメージの方が強い

――『トレインスポッティング』が復活しましたけど、みなさんの世代では一作目ってご存じでした?

薄: 『トレスポ』はもうDVDのジャケットがすごく印象的で。

佐原: 当時はレイティングがかかってたましたよね。

薄: 確かR-15かな。

佐原: だから劇場で予告編とかは観てたけど、年齢的に観に行っちゃいけないんだな、大人の映画なのかなって思ってました(笑)。大学生くらいになってDVDで観て「ああ、面白いじゃん!」って。

薄: ユアン・マクレガーっていうと、どうしても『トレスポ』より「スター・ウォーズ・サーガ」のオビ=ワン・ケノービ役が僕らの世代のイメージですよね。

大林: 僕ら20代にもオビワンのイメージが強いです。

薄: 「スター・ウォーズ」からさかのぼったら『トレインスポッティング』に出会って、観てみたらスゴかった!

佐原: ユアンがすごい若いですよね。シュッとしてる。

薄: 思春期の頃って、古着とかに目覚めて下北沢とか高円寺に行ってみたり、カルチャー的なものに触れる機会が凄くありますよね。そんな中で『トレスポ』のスキニーパンツにコンバースを履いて、ぴちぴちTシャツを着てるスタイルがすごくスタイリッシュに見えたんですよ。

佐原: ええ!? 私は逆にすごい恥ずかしい恰好だなって思った(笑)。

後藤: ダサい? 私は20代の時に『トレスポ』観たんですけど、カッコよすぎて衝撃でしたよ。

佐原: そうなんだ! 当時は流行ったんだ!

後藤: 大流行りでした(笑)。それからも音楽にもハマってサントラも買いに行きましたね。

佐原: 曲はいいですよね。

薄:「曲は」って、余計に『トレスポ』ファッションをディスってない?

佐原:ほんとだ!(笑)

大林: 僕は『オーシャンズ11』のシリーズを観て、あんなにカッコいいスーツの着方があるんやって思ったんです。

小学校か中学校の時だったんですけど、僕のスタイリッシュのイメージはアレですね。現実にもあり得るファッションなんですけど、映画の衣装としてもキマッてますよね。

後藤: じゃあ、20年後にまたあの面子でやって欲しいですか?

大林: それはあります。ありますけど、メンバーだったバーニー・マックとかも亡くなってますし、『トレスポ』みたいな全員集合はムリですよね。

今、女性版の『オーシャンズ8』っていうのを作ってるみたいですけど。

『オーシャンズ8』2018年公開 ©Warner Bros. Pictures' and Village Roadshow Pictures'

――『オーシャンズ8』はサンドラ・ブロック演じる主人公がダニー・オーシャンの妹という設定で、時間軸としては続編みたいですね。マット・デイモンも出ます。

大林: そういうのは嬉しいですね! 『トレスポ』はまったく同じキャストでやってくれたから、好きだった人たちにはたまらないでしょうね。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます