マカフィー、グローバルに展開するサイバー金融詐欺「Operation High Roller」の日本語版調査報告書を発表

2012.7.10 14:54配信
分析:Operation High Roller

マカフィーは、7月9日、グローバルに展開する高度なサイバー金融詐欺に関する報告書「分析:Operation High Roller」日本語版を発表した。米ガーディアンアナリティクスと共同で、6月26日に発表した報告書の日本語版。

「Operation High Roller」は、12以上のグループで構成するサイバー犯罪者の組織が行っている金融詐欺。グローバル規模で銀行のシステムにアクセスし、残高の高い個人や企業の口座に対して、不正に自動化した高額な取引を仕かけ、信用協同組合やグローバル銀行、地方銀行など、さまざまな金融機関に影響を与えている。

報告書では、詐欺に関わった60台に及ぶ不正サーバーのログを調査し、少なくとも60行以上の銀行から6000万~20億ユーロ、日本円では約60億~2000億円の不正送金が行われたと推定している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング