イルカはトリトン王の戦車を引く ©Disney

東京ディズニーリゾートでは、スペシャルイベント「ディズニー・イースター」が開催中(2017年6月14日まで)です。

東京ディズニーランドでは、うさたま大脱走が人気ですね。

一方、東京ディズニーシーには、2015年に開催され、好評を博したファッショナブル・イースターが帰ってきました。

2015年には、キャストが被るイースター・ボンネットを探して、楽しんだ方も多いことでしょう。

では、今年は何を探しましょうか。

東京ディズニーシーには、海にちなんだ装飾がたくさんありますね。

中でも、イルカは表現にバリエーションがあるため、イルカと分かりにくいことがあります。

この際、イースターの装飾を堪能しながら、イルカ探しに挑戦しませんか。

イースター・バニーに勝るとも劣らず、イルカもジャンプが得意です。

追って行ったら、海のイースター・エッグが見つかりそうですよ。

海の神獣イルカ

ヨーロッパ大陸では、古来より、イルカは神獣とされてきました。

ギリシャ・ローマ神話にも、登場しますね。

東京ディズニーシーでは、古典的なイルカ装飾も、写実的なイルカ装飾も、両方見ることができます。

ファッショナブルイースターのフラグに囲まれたディズニーシー・プラザから、ミッキーとミニーのイースター・エッグが迎えてくれる、ミラコスタ通りの華やかな装飾を潜り抜けると、メディテレーニアンハーバーです。

メディテレーニアンハーバーのフォトスポットには、ファッショナブルなミッキーとミニーのイースター・エッグもありますよ。

古典的なイルカ

魔除けのイルカ

ゴンドリエ・スナックの上方にもターゲットが‼ ©Disney

ワゴンの垂れ幕も、イースター・ボンネットで飾られています。

花とイースターエッグで飾られたミッキー広場から、運河を目指して歩いてみましょう。

ゴンドリエ・スナックの上方、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの壁を見上げてみてください。

二匹の魚が絡み合ったようなレリーフがあります。

魚のようですが、実は、古典的なイルカの表現なのです。

ナマズに、ドナルドダックのくちばしが付いたような姿ですね。

イタリアンルネサンス・スタイルの装飾が、メディテレーニアンハーバーの特徴です。

ルネサンス期のイタリアで、イルカを見たこともなかった人々が、人づてに聞いた話から、イメージを膨らませた姿なのでしょう。

ちなみに、二頭(二匹)ないし双頭の動物が外を向いているのは、見張り、つまり魔除けの意味があります。

パラッツォカナルのイルカたち

次は、ゴンドリエスナックから、奥のパラッツオカナルに足を伸ばしてみましょう。

雨どいの装飾など、古典的なイルカたちが迎えてくれますよ。

運河沿いにある、イースターの花々も楽しみながら、是非、探してみてくださいね。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます