メキシコのディープフライアイスクリーム

5月9日の「アイスクリームの日」に合わせて5月2日(火・祝)から5月9日(火)まで、「イオンレイクタウン」(埼玉県越谷市)で全国のご当地アイスと世界のアイスが一堂に会するイベント、「アイスクリーム博覧会 2017」が開催されます。

同イベントのレイクタウンでの開催は、2013年より5年連続5回目の開催となり、例年参加者が増加。昨年は7日間でなんと8万4千人が利用しています。

元祖アイスクリーム博覧会として、“「見て、食べて、学べる」アイスクリームイベント”がコンセプト。ご当地アイスクリームグランプリで受賞した商品から、牧場の一品、さらにはご当地ならではの「カニ」「牛たん」「焼きなす」等の驚きの一品まで、旅行気分で楽しめる日本各地の地域密着型のアイスクリームを選抜するほか、アジア人初のジェラート大使のイタリア仕込みのジェラートや、世界で人気のアイスクリームを研究・ラインナップして、普段とは違った非日常感満載のアイスを楽しむことができます。

ドイツ「スパゲッティアイス」

プロデュースするのは、2002 年に国内初の「アイスクリーム博覧会」を担当した松本学さん(株式会社ご当地グルメ研究会/代表)。アイスクリームのテーマパーク「アイスクリームシティ」の開業に寄与したほか、アジア最大級の食の展示会での「ご当地アイスクリームグランプリ」の主催や、国内外でのアイスクリームイベントをプロデュースする、ご当地アイスクリーム界のレジェンドです。また、トルコアイスの代々受け継がれている伝承者であり、世界のアイスクリームを研究する、ギュネイ・ネジメッティン氏も参画、ご当地アイスとともに世界のアイスクリームを企画します。