毎日身に着けるブラジャー。

皆さんはどんなタイミングで捨てていますか?

奮発して買った、毎日使いをしないブラジャーでも、捨てるべきタイミングで捨てないと、身に着けることでバストが垂れたり、形が崩れるなど、バストに悪影響を及ぼすことになりかねません。

そこで今回は、ボディスタイルコンサルタントの中島絹代さんに、ブラジャーの捨て時の見分けかたについてレクチャーしていただきました。

見逃さないで!これがホントのブラジャーの寿命

すぐさま捨てるべきブラジャーのサインとして、“ワイヤーが曲がった、折れた、飛び出した”というワイヤー異常や、ホックの金具の破損、生地やレースの破れがありますが、他に異常に気付きながらも着用を続けてしまう見逃しサインがあります。

ひとつは“ストラップが伸びた、または調節してもすぐストラップが緩む”という、ストラップ異常。

もうひとつは、“アンダーベルトが波を打つようにフニャッとしてきたり、生地が擦れて薄くなった”という、アンダーベルト異常です。

これらのサインが現れたら、ブラジャー本来の機能性はもう確実に発揮できないので、むしろ「捨てるのがもったいないから」と頑張って着けている意味すらなくなります。

どんなに高価なものでも、思い切って捨てましょう(中島さん)

ブラジャー買い替え時に絶対守るべきルール

ブラジャーの買い替え時に、必ず守るべき大切なことがあります。

それはブラを購入するときには、必ず試着をして購入することです。

試着の際には、前屈みになったり、身体を横に倒してみたり、ねじってみたりして、沢山動いてなるべくブラがズレない、しかも身体にくいこんだりしない、痛くないものを選んでください。

鏡の前では直立不動でも、日常生活では色んな動作をしています。

実際に日常使い続けてみると、購入時には感じなかった違和感を覚えることもあるかと思います。

後々この着け心地の感覚のギャップで後悔しないためにも、試着の時に色々身体を動かしてくださいね(中島さん)

「ハピママ*」更新情報が受け取れます