©石田スイ/集英社 ©舞台『東京喰種トーキョーグール』製作委員会

漫画家・石田スイが手がける人気作を原作とする2.5次元ミュージカル、「舞台『東京喰種トーキョーグール』〜或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録〜」が2017年6月29日からスタート。公演に先駆けて披露されたゲネプロ(本番を想定した最終リハ)の模様が公開され、キャスト陣からのコメントが届いています。

コメントを発表したのは金木研を演じる松田凌さん、霧嶋董香を演じる田畑亜弥さん、西尾錦を演じる鈴木勝吾さん、ウタを演じる村田充さん、月山習を演じる佐々木喜英さんの5人。それぞれの舞台への意気込みのほか、ファンへのメッセージを語ってくれています。

金木研 役:松田凌(中央) 西尾錦 役:鈴木勝吾(左から2番目) 霧嶋董香 役:田畑亜弥(左) ウタ 役:村田充(右) 月山習 役:佐々木喜英(右から2番目)

【舞台への意気込み】

●金木研 役:松田凌(まつだ・りょう)
正直に申しますと、全稽古を終えた今も意気込みはこうだ、とはっきり言うことができません。何故かというと、お客様に観ていただく事で、この舞台『東京喰種トーキョーグール』という作品は完成するのであって、今はまだ完成前だからだと思います。

ただ、この作品が(コミックスはもちろん)、アニメ、そして実写映画などで世界に発信されているなか、恐らく“生” で、『東京喰種トーキョーグール』という作品を感じてもらえるのは、舞台上だけだと思うので、それを含めて皆様に楽しんでいただけたらと思っています。

●西尾錦 役:鈴木勝吾(すずき・しょうご)
原作があり、アニメがあり、そして舞台の後には映画もありますが、「舞台『東京喰種トーキョーグール』は演劇だった」ということをお客様に思っていただけたらと常々思っております。誤解を恐れずに言うと、この作品は他の原作がある舞台とは一線を画した、とても中身が詰まった作品だと思っています。

“演劇”であることを意識して、(演出の)茅野イサムさんを筆頭に2年前、2015年の初演からずっと作り上げてきました。魂が燃える音を感じていただけるような演劇にできるよう、カンパニー一同で目指していきたいと思います。舞台上で喰種(グール)と人間が見せる生き様を、ぜひ劇場で感じていただけたら、これほど嬉しいことはありません。

●霧嶋董香 役:田畑亜弥(たばた・あや)
2年ぶりの舞台『東京喰種トーキョーグール』ということで、私も引き続き霧嶋董香を演じられることを光栄に思っております。前回公演でも言ったと思うのですが、今回も私たちが舞台上で汗だったり、涙だったり、血だったり、ヨダレなど(笑)いろんなものを流しながら舞台上で生きております。

みんなで魂をすり減らして、魂を込めて舞台上で必死に生きています。息遣いや匂いなどを感じられるのが舞台の良いところだと思うので、舞台ならではの表現で舞台『東京喰種トーキョーグール』の世界に皆様を誘えたらと思っております。

●ウタ 役:村田充(むらた・みつ)
前作同様、今作も非常に大きな期待を感じております。もちろん厳しい目もある中だと思いますが、そのプレッシャーを力に変え、皆様の期待に答えられるように、集中して沢山稽古をしてきました。

後はカンパニーで一丸となって、原作の石田スイ先生を始め、原作ファンの皆様、そして演劇ファンの皆様に、しっかりと楽しんでもらえるような作品を作りたいと思っております。

●月山習 役:佐々木喜英(ささき・よしひで)
僕は今作から参加させていただくのですが、2年前の初演の前から僕は『東京喰種トーキョーグール』の世界観がとても好きでした。それが舞台化されるということで初演を観に行き、その舞台の世界観にも圧倒されました。

原作でも月山習というキャラクターが一番好きなので、その大好きな『東京喰種トーキョーグール』という作品で、月山習という役を演じられることを大変嬉しく思います。精一杯、演じたいと思いますのでご期待ください。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます