マカフィー、Facebook上の写真を保護する「McAfee Social Protection」、無償ベータ版を公開

2012.8.31 16:20配信
McAfee Social Protection

マカフィーは、8月28日、Facebook上での無許可の写真の閲覧や共有、ダウンロード、印刷を防止するFacebook用アプリケーション「McAfee Social Protection」の無償ベータ版(英語版)を公開した。

マカフィーとインテルの共同制作で、開発はインテルのソフトウェア&サービスグループが担当した。FacebookアプリとInternet Explorer 8以上/Firefox 8以上を搭載するPC向けのブラウザプラグインとして提供する。

自分の写真へのアクセスを許可する友人を選択することができ、アクセスを許された友人は「McAfee Social Protection」をインストールすることで、写真を正しく表示できる。

ただし、写真へのアクセスを許可されたユーザーでも、写真の共有や保存、コピー、スクリーンショットの取得はできない。保存とダウンロード機能を無効にして、他のユーザーが写真の上にマウスポインタを合わせると、錠前のアイコンを表示する。

これらの防御機能は、写真を「McAfee Social Protection」経由でアップロードした場合のみ有効になる。「McAfee Social Protection」経由で写真をアップロードした場合には、写真データはFacebookのサーバーではなく、マカフィーのサーバーへ転送される。

Mac OS版や、Google Chrome、Safari対応版は現在開発中で、日本語版の提供は未定。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング